ED治療薬局 TOP >関連ワード解説>フェロモンとは

フェロモンとはどんな効果をもたらすのか、分泌を増やすための方法とは。フェロモンを補える媚薬も紹介。

フェロモンとは

フェロモンとは相手に自分を魅力的に映すため存在する物質をさします。しかしあまり実感することがないこのフェロモンという物質にほかの役割はないのか、どうすれば出るか、そもそも出ているかということはあまり知られていません。

実はフェロモンは生物が生きていく上での活動と密接に関わる、とても重要な意味を持つ物質だということがわかっています。

フェロモンとホルモンの違い

はじめにフェロモンとホルモンの違いについてですが、フェロモンは自分の体内で作られ、自分以外の同種の個体に特定の行動や変化を促す物質です。ファーブルの「昆虫記」で蛾の雌が雄を誘引することが記載されており、その当時からフェロモンの存在は推測されていたようです。

そのため当初フェロモンは外に働きかけるホルモンという意味でラテン語で「外の」をあらわす「エクト」ホルモンと呼ばれていました。それが1959年にギリシャ語の運ぶ(pherein)と刺激する(hormao)を合わせて刺激を運ぶもの(pheromone)と名付けられました。

そしてこのフェロモンはジョビ器官という嗅覚器官によって受容され作用するということがわかりました。なおフェロモンを受けるジョビ器官とは鼻の中にあるものですが、フェロモンには鼻で感じるような香りはありません。

フェロモンには種類があり、まずそのはたらき方で2つの種類に分類されます。1つは他の個体に特定の行動を起こさせる「リリーサーフェロモン」。もう1つはフェロモンを受け取った個体の内分泌系に影響を与える「プライマーフェロモン」です。

リリーサーフェロモンはさらに4つに分かれ、このうちの1つが性的興奮を誘発させる「性フェロモン」です。またプライマーフェロモンの中にはヒトで初めて発見された「性周期同調フェロモン」というフェロモンがあります。これは同居する女性の月経周期が次第に同調する原因がフェロモンだと突き止められたもので、ヒトもフェロモンの受容能力があることの裏付けとも言えます。

対してホルモンとは自分の内分泌腺で作られ、自分の体内の各機関を正しく動かすための物質を総称して言います。現在は100種類ほどですが、今も発見され続けており、人間には20種類ほどのホルモンが存在します。よく聞くアドレナリンやインスリン、ドーパミン、エンドルフィン、セロトニンといった物質もホルモンです。また女性らしさや男性らしさに重要な役割を果たしているエストロゲンやテストステロンもホルモンの一種です。

相手に対して直接働きかけるフェロモンと役割は違いますが、このエストロゲンやテストステロンによって培われる男らしさ、女らしさも相手に魅力的に映る大きな要素です。またエストロゲンは恋愛することで増加し、エストロゲンが正しく機能しているとフェロモンが出ると言われます。男らしさを司るテストステロンも同様に健康に機能する状態にあると魅力的男性に映ることからも、これらホルモンとフェロモンには密接な関係があると言えます。

ちなみにフェロモンとホルモンには共通する部分もあり、どちらもごく少量で効果を発揮するといわれています。

エストロゲン

エストロゲンは女性ホルモンとも呼ばれるステロイドホルモンの一種です。ギリシャ語の発情(estrus)と生じる(-gen)が語源で、エストロゲンが分泌されると発情すると言われたことに由来します。主に女性の卵巣で作られます。

エストロン、エストラジオール、エストリオールの3種類からなり、エストラジオールは男性の精巣でも作られる物質で、思春期に男性ホルモンであるテストステロンよりもエストロゲン濃度が相対的に多くなると、女性化乳房が起こることからも、女性らしさを出す大変重要な物質であることがわかります。

女性の体はこのエストロゲンとプロゲステロンの2つのホルモンバランスが整っていると髪や肌に潤いを保つことができます。「水もしたたるいい女」と言いますが、これは濡れて水がしたたると艶やかに見えるという意味ではなく、髪や肌に潤いのある女性をさした言葉であることからも、エストロゲンと魅力との密接なかかわりを的確にあらわした言葉といえます。

テストステロン

テストステロンは男性ホルモンと呼ばれる、アンドロゲンに属するステロイドホルモンの一種です。主に男性の精巣で作られ、女性も卵巣や副腎でわずかながら分泌されます。

筋肉や骨格の発達をはじめ生殖機能や記憶力、動脈硬化やメタボリックシンドロームの予防といった部分に作用しています。またテストステロン値は判断力や決断力のある人ほど高いというデータもあり、肉体のみならず精神的な男らしさの魅力にも大きく関与しています。

フェロモンの効果を感じるときは

性フェロモンが相手に特定の行動を誘発させることはここまで説明したとおりです。性ホルモンが発揮する効果とは、相手が自分に魅力、または性的魅力を感じる、性的興奮を誘発するという効果です。相手にフェロモンの効果が現れる際は以下のようなケースがあります。

いい香りがする

フェロモンはごく少量で効果を発現させられるもので、相手の鼻にあるジョビ器官という嗅覚器官から受容されます。フェロモン自体には匂いがありませんが、分泌されたフェロモンが相手の体臭に溶け合い発せられるのを鼻から受容されるので匂いとして認識されます。

人は本能でフェロモンをかぎ分けることができ、遺伝子の遠い相手を求めるといわれています。父親の体臭が気になるということが多いのも遺伝子の近い相手であることと関係します。フェロモンを出すことによって遺伝子の遠い存在であるという信号を出し、相手は本能でいい香りであると感じるのです。

また、あるテレビ番組での実験で、スタントマンとお笑い芸人を比較し、女性に相手が見えない状態で好きなにおいを選んでもらったところ、全員がスタントマンを選ぶという結果が出たそうです。これは危険な仕事や生存本能をかき立てるときほどテストステロンは分泌され、男らしさを司るテストステロン値が高いほどフェロモンも多くなり、好きな匂いと感じられることをあらわしています。

相手に好意的に受けとられるいい香りを発する人は、相手のジョビ器官に届けられる程度の微量のフェロモンが含まれている香水をつけているといった人も中にはいます。ただし、たくさんつけすぎてしまうとかえって嫌悪感を与えてしまい、せっかく分泌されたフェロモンも嗅ぎとってもらえないということがあるようなので使用する際は注意が必要です。

異性から魅力的に思われる

フェロモンは自分自身に性的な欲求があるほど出やすいと言われています。男女とも恋愛経験が多い人というのは恋愛時に分泌が高まる性ホルモンが日常的に多い状態なので魅力的なのだということがわかります。

ノーザンブリア大学の心理学者であるニック・ニーブ博士が約30人の女性に行った実験で、まず複数人の男性の写真を見せ順位をつけ、次に汗から認識した順位を付けたものを比べました。すると写真で一番順位の低かった男性が匂いでは1位となるという結果が出たというデータが残っています。つまり異性からの魅力は外見よりフェロモンを優先すると考えられるということです。

以上のことから性ホルモンの生成を促す生活を心がけフェロモンの分泌量を増やすことが、魅力的という印象を相手の本能に訴えかける手段であると言えるでしょう。

フェロモンを出すためには

フェロモンを出すためには、男女共通、または男女それぞれに有効とされる手段があります。また、相手に作用して初めて効果が出るフェロモンを相手が受容しやすくなるといった方法も存在します。

男女共通

フェロモンは体内の健全なホルモンバランスと深くかかわりを持つため、健康状態を整えておくことがフェロモンを放出させるために大事な要素となります。

まずは規則正しい生活です。しっかりと睡眠をとり、ツボ押しやマッサージでリラックス効果をはかることも有効です。また運動不足ホルモン減少の原因になります。

ホルモンは体内で作られるので食生活も重要です。ホルモンの原料であるコレステロールや、これをホルモンに変えるタンパク質を摂るためにふさわしい食材があります。肉、魚、卵、大豆などのタンパク質はテストステロンレベルを上げてくれます。ニンニクやタマネギはこれらタンパク質と一緒に摂取することでテストステロンの増大を見込めます。

ただ日々のストレスや不規則な生活はすぐに変えられるものでないのも事実です。こういった方のために簡単にフェロモンを補うことのできる方法があります。

それが媚薬です。媚薬には体内のテストステロンレベルを上げ、自身のフェロモンそのものを上げるためのものから、フェロモン成分を配合した香水タイプでフェロモンを補うもの、直接塗布して性的興奮を高めるものなど、フェロモンを重層的に補えるという効果があります。

女性

女性がフェロモンを出しやすくする、つまりホルモンバランスを向上させるためには身体を冷やさないことが大切です。血行が悪くなるとホルモンに悪影響を与えます。

温め方のポイントはまず足先を半身浴や足湯で温めることです。これにより下半身の血行が改善され全身を温める効果があります。ハイヒールやガードルといった身体を締め付ける衣服もできれば避け、どうしても身につけなければならない場合は、帰宅後ストレッチやマッサージで血流を促進させましょう。ストレスも大敵なので、帰宅後はアロマを焚いてリラックスしたり質の良い睡眠を心がけましょう。

また、やる気、集中力、生産性を上げる神経伝達物質であるドーパミンは欲求が満たされたとき快感を与えるものです。このドーパミンはエストロゲンの分泌を司る視床下部を通ることでエストロゲンに良いとされています。ドーパミンは何かを探求したり楽しむことで分泌される物質なので、趣味をもって集中したり、音楽を聴いたり、運動によって分泌されます。また目標を設定し達成することや何かに挑戦することでもドーパミンは放出されます。

男性

男性がフェロモンを出しやすくするためにはなによりテストステロン値を上げることを目的にした生活が大切です。効果的な筋トレはテストステロンの分泌を促進させます。筋トレが長時間になると逆にテストステロン値は下がってしまいます。楽な筋トレも効果は薄いので、厳しく負荷がかかるメニューが必要です。

栄養素とテストステロンにも深い関係があります。ビタミンDと亜鉛はテストステロンに有効な栄養素です。亜鉛は摂りすぎると毒になりますが、もともと日本人には不足していると言われる成分です。決まった時間に分けて栄養を摂ることも大事です。

性欲もテストステロンと密接にかかわります。自慰行為の頻度が多いと欲求が減りテストステロン値が低くなり、結果フェロモンも弱まってしまいます。個人差はありますが自慰行為の頻度を見直してみましょう。

フェロモンを補う媚薬

フェロモンは男女ともにホルモンと密接にかかわり、その中でも主にテストステロン値とエストロゲン値を上げることが有効である。ということがわかってきました。ただし、運動、食生活、睡眠、目標設定、禁欲など、土台となる部分をすべて見直していくのは社会生活を送るうえでは難しいものです。

そこでフェロモンを補うために研究開発されているのが媚薬と呼ばれる商品です。媚薬とひとくくりになっていても、その中には異性を惹きつけるための成分で研究配合された香水や、医療成分で血流を促進させることで刺激を増加させるもの、感度と体温上昇を促し性感をアップさせるクリームなど、目的や用途別にたくさんの種類があります。

媚薬の効果

媚薬とは性的興奮を高めることを目的とする薬の総称ですが、その効果から大きく3つに分類することができます。

まずは性欲を高める催淫剤が代表的媚薬です。これらの中には愛や幸福感と密接にかかわりのある幸せホルモンとも呼ばれるセロトニンへ作用するような科学的な研究がなされた成分が配合されており、対人関係を向上させる効果があるものもあります。まさに分泌されるフェロモンと同様の効果を期待できるものです。

次に刺激性物質が配合されたものは主に性器に塗ることで性的刺激や感度を増進することができます。こちらはより直接的な媚薬で、相手との接触後に使用するタイプの媚薬にあたります。

最後に性ホルモン増強剤があります。これはエストロゲンやテストステロンといったホルモン物質を直接補うことでフェロモンを出しやすくするためのもので、性欲増進や性器の発達といった効果もあります。

媚薬の種類

これら媚薬はもちろん男性だけのものではありません。女性が男性を惹きつけるための媚薬も豊富に存在します。近年では性の多様化に対応し、ゲイやレズビアンに特化して開発された媚薬成分を含む香水なども登場しています。

これらは使用目的や状況に合わせ、性欲増進や感度アップを狙った飲むタイプ、性器に直接塗布して感度を高める塗るタイプ、性誘引物質であるフェロモンを吹き付ける香水タイプが存在します。

飲むタイプや塗布するタイプの媚薬は体の内側から作用し胃や腸で吸収されることではっきりとした効果を得られます。対して香水タイプは相手に自然に性的魅力を伝達するために有効です。

媚薬の人気商品

  • チョコレートラブDX

    チョコレートラブDX

    チョコレートラブDXは液体タイプの媚薬です。液体タイプは身体への吸収が早いうえ、この媚薬に配合されるバイペリオンの効果により、チョコレートラブDXの有効成分のほとんどを占めるアミノ酸の吸収効果を高めています。
    男女関係で使用すると有効成分オキシトシンが脳内のセロトニンに作用し幸福感と性欲を増進させます。また有効成分トリビュラスはテストステロンの分泌促進効果があり、男女ともに性欲増強効果があり、男性には体力、やる気、勃起力の向上に作用します。
    またこの商品の特長は対人関係にも使用できる点にあります。オキシトシンは愛のホルモンとも呼ばれ、人の絆や信頼に関わっており、相手を思いやる気持ちや対人での緊張の緩和に効果を発揮します。

  • ビバクリーム

    ビバクリーム

    ビバクリームは女性のために開発されたクリームタイプの媚薬です。
    女性の敏感な部分に塗布することで直接的な効果が期待できます。塗るとメンソールと有効成分ナイアシンの効果で血液循環が促されると感度の向上につながります。有効成分アルギニンは性感アップの効果があり、不感症だった女性が性的絶頂を迎えたという報告もあります。
    性的絶頂(オーガズム)を迎えたことがないという女性も多く存在し、それに対する特別な処置を行わないことがほとんですが、女性は性的絶頂を迎えるとそれ以外の欲求を抑制するペンチルアミンという物質が分泌されることがわかっており、この効果により大変多くの女性が口にする体重の悩みの根源である「食欲」を抑えることにつながるのです。
    性行為自体も運動になるので、ビバクリームで性行為に前向きになることは実際美しさと健康美につながるわけです。

  • ネクサスフェロモンズスプレー

    ネクサスフェロモンズスプレー

    ネクサスフェロモンズスプレーは香水タイプのフェロモン媚薬です。
    性誘引物質であるフェロモンが相手の本能にはたらき強い性的欲求を得ることはわかっていましたが、男性のフェロモンが女性の排卵周期に影響することに着目し、なんと12年もの歳月をかけ研究開発、実証され販売に至った極めつけのフェロモンスプレーがこの商品です。
    その成分は7種の独自配合したフェロモンによって女性の性的欲求に訴えかけます。発売元のリーディングエッジヘルス社は性機能向上サプリメントの分野でも多数のヒット商品を生みだしている医療品メーカーです。使用法は香水と同じです。香りの立ちやすい箇所に吹き付けてご使用ください。

  • ラブスマ

    ラブスマ

    ラブスマは不感症、性的興奮障害の改善薬です。
    男性用のED治療薬であるバイアグラのジェネリック医薬品で女性用バイアグラとして販売されているものです。バイアグラと同じ主成分シルデナフィルの効果で血流促進に効果を発揮します。
    女性器周辺の血流が促進されることで不感症を改善し、性的刺激を増進させます。性的興奮自体を促す薬ではないので、効果を発現させるためには性的興奮や性的刺激を受ける必要があります。
    このラブスマは医薬品です。食事の影響を受けやすいので、空腹時の服用が効果的です。性行為の一時間前に服用してください。服用後30~60分で効果が出て、約5時間効果を持続します。
    またラブスマは日本語のパッケージでとても安心感がありますが、これはラブスマを製造販売するインドのスマート社の輸出国に合わせた商品展開をするという戦略により、日本人が開発段階から監修に入っているためで、日本人の体格や体質に合わせるような企業努力がなされ作られています。

フェロモンの分泌に良くないこと

フェロモンの分泌を妨げるものには男性は筋トレをしないことであったり、女性は冷えが原因であるといったことがありますが、それ以外にフェロモンの分泌に良くないことをしないように日頃から気を付けることで分泌を促すことも可能です。

ストレス

人がストレスを感じると最初の反応では対抗措置として男性ホルモンが分泌されますが、そのあとすぐに脳が男性ホルモンの制御信号を出し、結果、男性ホルモンは抑制されホルモンバランスは崩れてしまいます。

ホルモンバランスが崩れるとフェロモンの分泌も抑えられてしまいます。性に関わるフェロモンの分泌低下だけではなく、集中力の低下、筋力の低下、無気力、内臓脂肪増加、うつ、認知症、男性機能障害などさまざまな症状が出てくるため、ストレスを貯めない生活を送ることが重要になってきます。

ストレスを解消する方法はストレスを忘れることが大変重要です。スポーツなど身体を動かすことでストレスを発散すれば筋肉を鍛えられるうえにテストステロンを増加させられるといった効果も期待できます。

睡眠不足

ストレスや疲労を取り除いてくれる睡眠も大事です。睡眠中、人間はストレスから解放されます。睡眠には浅い睡眠と深い睡眠があり、浅い睡眠ではストレスは減りにくくなっています。睡眠の質の向上がストレスを減らす秘訣です。

また、身体の老廃物はリンパという器官のはたらきで血管を通り体外へ排出されていきますが、脳にはリンパがなく、睡眠中のみ脳を満たす脳髄液がリンパの替わりの役割を果たし脳内の老廃物を排出してくれることが分かってきました。

この脳内のクリーニング作用によりストレス物質が抑制されることからも睡眠がいかに重要なのかがわかると思います。

日々の食生活

一日一度の睡眠や時々受けるストレスよりも、毎日何度も摂る必要がある日々の食生活は軽視できない重要な要因といえます。ホルモンバランスが崩れ、テストステロンが5aリアクターゼという酵素と結びつくと、ジヒドロテストステロンという悪性の男性ホルモンが分泌されてしまいます。

ジヒドロテストステロンは脱毛や前立腺肥大のほか皮脂の過剰分泌を助長してしまい、汗腺から放出されるフェロモンが皮脂と結びつき悪臭となりやすくなるため、本能的にフェロモンを嗅ぎ取ろうとする相手へ悪影響を与えてしまいます。

体内でテストステロンが減少すると、それを補おうと5aリアクターゼとテストステロンの結合が進行してしまいます。これを防ぐためにテストステロンを抑制するような栄養素は控え、5aリアクターゼ抑制効果を持つイソフラボンが多く含まれる大豆食品や亜鉛を取り入れた食生活が有効です。

大豆製品の大豆プロテインや、卵、肉、魚、牛乳から摂るタンパク質も筋量の増加に効果があり、ニンニクやタマネギもタンパク質との摂取でテストステロンを増強させる効果があります。糖分や炭水化物はテストステロン量を減少させるというデータもあるので摂りすぎには注意が必要です。

まとめ

フェロモンは理性を越えて相手の本能へ直接訴えかける物質であり、日々の生活や媚薬の活用次第でだれでも身にまとい放出することが可能です。

生物としての生殖活動などの本能に作用するフェロモンの誘惑から逃れることは困難で、うまく味方にできれば相手へアピールするのにこれほど強力な武器はありません。さらにフェロモンと大きくかかわりのある性ホルモンを増加させるためには毎日の食生活や運動、睡眠、ストレスの軽減といったことを心がける必要があり、結果として心と身体の健康をも手に入れることができるのです。

「ストレス」「睡眠」「食生活」を見直し、「媚薬」をうまく活用することでフェロモンの特性を利用し人間関係や性生活を充実させられるようにしましょう。