ED治療薬局 TOP >関連ワード解説>テストステロンとは

テストステロンという男性ホルモンの働きや低下の原因、補う方法や分泌量を増やすサプリメントなどを詳しく解説

テストステロンとは

テストステロンとは男性に多く分泌される男性ホルモンのひとつです。男性の場合、約95%が睾丸(精巣)と残り約5%が副腎でテストステロンはつくられています。いくつかある男性ホルモンのほとんどを占めており、主に性欲や性衝動を促し男性器に働きかけるホルモンです。

テストステロンは、胎児の頃から分泌が始まり男性器の発育に大きな影響を与えます。テストステロンの分泌により胎児の性別が決まるといわれています。テストステロンが正常に分泌されることで「性欲を高め性衝動を起こす」「精子の生成を助ける」「骨や筋肉の強化や維持をする」といった作用があります。

男性ホルモンというと男性だけに分泌されていると誤解されがちですが、女性の体内でも男性の約10~20分の1のテストステロンが分泌されています。女性の場合は卵巣や副腎で分泌されており、身体を健康な状態に保ち、性機能を安定させてくれているのです。

また、テストステロンは女性ホルモンである「エストロゲン」と同様に、コレステロールをもとに生成されているステロイドホルモンとなっています。テストステロンは男性機能以外にも重要な働きをしているホルモンなのです。

テストステロン以外の男性ホルモン

テストステロンは男性ホルモンのひとつと説明しましたが、他にも多くの男性ホルモンが存在します。「アンドロステンジオン」「アンドロステンジオール」「ジヒドロテストステロン」「ジヒドロエピアンドステロン(DHEA)」などが存在し、これらは総称して「アンドロゲン」と呼ばれています。

これらの男性ホルモンの中でもテストステロンがほとんどを占めているため、テストステロンが低下してしまうことで、男性機能に大きく影響を及ぼしてしまいます。テストステロンはもちろん男性ホルモンの分泌量が多い人は、精力や性欲も強く勃起などの男性機能が高いといわれています。筋肉をつくり血管を強くする働きが高いので、健康な身体を維持しやすくなります。

テストステロンとジヒドロテストステロン

EDと並んで男性に多い悩みである、AGA(男性型脱毛症)の主な原因はジヒドロテストステロンによるものとされています。ジヒドロテストステロンは男性ホルモンの一種でテストステロンが5aリゼクターという酵素の働きによって協力な作用があります。このジヒドロテストステロンが増えると毛髪の成長を止めてしまいます。身体に対して非常に強力な作用を持ち、薄毛や性欲の減退を招きます。

この厄介なジヒドロテストステロンには重要な働きがあり、胎児が母親の胎内にいる時に男性器を発達させるという役割があるのです。この時にジヒドロテストステロンが不足してしまうと男性器がうまく成長せず、男児の発育に影響を及ぼします。胎児の時に重要な働きがあるジヒドロテストステロンですが、加齢により分泌が増えると男性の薄毛や精力減退などの男性機能低下の症状を引き起こす原因になるのです。

テストステロンの働き

テストステロンの働きにはさまざまな働きがあります。脳に働きかけ性欲を起こし勃起を促したり、筋肉や骨格を作るので男性らしい身体にします。

性欲と性衝動

脳に働きかけ性欲を起こします。性的興奮を感じやすくなり、勃起を促します。テストステロンが多く分泌されている人はフェロモンが発散されます。異性により好感を持たれやすくなり、男性としての魅力を高めます。

身体への働き

身体の組織を作る働きがあるので、筋肉や骨をつくります。男性らしい身体つきになるのはもちろんのこと、代謝機能を高めてくれるので疲れにくくなり、スタミナアップが可能になります。

精神への働き

精神の安定に働きかけるので、集中力のアップや判断力、決断力が上がります。気力が高まりやる気を起こしてくれます。

テストステロンが減少すると

テストステロンが減少するとさまざまな症状があらわれます。大きく影響を受けるのは男性機能の低下です。性欲が起きず性的衝動が起こらなくなります。性的興奮が起こらないので、勃起も起こりにくくなります。勃起や中折れの症状はED治療薬で改善できます。男性機能が低下している基準は朝立ちが起こらなくなることです。朝立ちが起こらないといったことがある人はテストステロンが少なくなっている証拠です。

また、身体の筋肉が衰え肥満体質になります。テストステロンは筋肉や血管をつくり身体を維持する働きが弱くなり病気になりやすくなります。若々しさがなくなり体力も減ってしまうのです。

精神状態の維持にも関係しているので、テストステロンが減少すると無気力感を感じやすくなり、睡眠障害やうつ病を起こしやすくなります。

極端に減少してしまうとさまざまな症状があらわれますので、日常から男性ホルモンを活性化することが必要です。

テストステロン低下の原因

テストステロン低下の一番の原因は加齢です。最も多く分泌されるのは20歳代で、それ以降は徐々に減っていきます。テストステロンの減少には個人差があり、60歳代でも30~40歳代と変わらず多く分泌されている人もいれば、40歳代でも高齢者と変わらず少ない分泌量の人もいます。

テストステロンの分泌量に大きく影響を与えるのはストレスです。ストレスが心身にかかると、血圧、血糖値が上昇し脳から「ホルモンを出すな!」という指令が出てしまうのです。几帳面な人であればあるほど、ストレスを感じやすくテストステロンも減りやすくなります。そのため仕事でのストレスを感じやすいとされる40歳前後の男性は影響を受けやすいといわれています。ストレスを受けやすい人は、40歳代であってもテストステロンの分泌量が60歳代程度の人もいるのです。

うつ病や肥満、高血圧症などの病気にかかることでテストステロンが低下する人も居ます。その場合、原因となっている病気を治療しなければテストステロンの分泌を増やすのは難しいのです。

不規則な生活、睡眠不足、過度な飲酒、喫煙もテストステロンを減少させる原因になります。男性機能を維持したいと考える人は、生活習慣の見直し、適度な運動と十分な睡眠でストレスを減らすことが必要です。

男性更年期障害

テストステロンが極端に低下すると男性更年期障害を発症します。男性更年期障害は通称「LOH症候群」と呼ばれ、50代では12%、60代では20%、70代では30%、80代では50%と多くの男性が男性更年期障害にかかっています。最近では仕事のストレスからか男性更年期障害を発症する年齢が下がっています。

男性更年期障害の主な原因は、加齢・糖尿病・がん・肝硬変・腎不全・甲状腺機能異常・低栄養・うつ病・肥満などが挙げられます。生活習慣病が引き金になり男性更年期を併発してしまう人が多いのです。

男性更年期障害にかかると性機能低下に大きく影響します。性欲の減少や勃起不全を引き起こし、なかには性機能を失ってしまうこともあります。その他にも不眠症や無気力感、内蔵脂肪の増加、骨密度が低下し骨折しやすくなるなどの症状があります。最近では、仕事のストレスからか男性更年期障害の発症の年齢も下がっています。

女性の更年期障害と同じく男性更年期障害を発症すると不眠や集中力の低下、無気力を招くので仕事や日常生活に支障をきたすこともあります。

女性の更年期障害は閉経すると発症し時間の経過と共に症状が落ち着きますが、男性更年期障害は自然に回復することがありません。そのまま放置してしまうと永久に男性機能を失うこともあるのです。

テストステロンを補うには

テストステロンの補うには、医師による投薬での治療があります。ホルモン補充療法と呼ばれホルモン剤を投与することにより、テストステロンの分泌を増やし、男性機能低下の治療を行うことができます。ただホルモン剤は筋肉注射での補充になるため、治療には痛みを伴います。急激なホルモンの変化を招くので、副作用を起こしやすく治療が向かない人もいます。そういった人には普段の食事や生活習慣を改善することでテストステロンの分泌を増やすことが可能です。サプリメントを摂取することで生活に取り入れることができます。

食事や生活習慣を改善することで、痛みもなく身体に負担をかけずに自然に男性機能の向上を行うことが可能になります。男性ホルモンの低下は加齢が主な原因ですが、生活習慣病や別の疾患などで引き起こされるともいわれています。体質改善をすることで、健康的に男性機能を向上できます。

テストステロン補充のメリット

テストステロンの分泌を増やすことで男性にさまざまなメリットがあります。 一番効果を感じやすいのは男性機能の向上です。性欲を感じさせ、性衝動を起こしやすくします。興奮を感じやすくなるので、男性器の勃起を促してくれます。実際にテストステロンを増やす改善をした人は、また朝立ちをするようになったとの報告があります。男性機能は加齢やテストステロンの低下による影響を一番受けやすい傾向にありますが、分泌を増やすことには可能です。

認知機能にも関係しているので、テストステロンの分泌が増えると集中力が上がります。判断力も高くなるので、仕事や人間関係もスムーズに行えるようになります。

筋肉をつくってくれるので代謝が上がり、疲れにくくなります。肥満を予防し、血管を強くする働きがあるので病気を予防し、健康を維持することができるのです。

テストステロンを増やすことはデメリットはほとんどありません。健康を維持するためにも普段から分泌を促すことが必要です。

生活習慣の改善

テストステロンの低下は生活習慣により引き起こされるとされています。原因となっている生活習慣を改善し、テストステロンの分泌されやすい状態にすることでテストステロンの低下を防ぐことが可能です。 不規則な生活をしていると疲労が溜まりストレスを感じやすくなります。

食生活で補う

食事でもテストステロンを増やすことができます。男性ホルモンも活性化してくれる栄養素が多い食品を紹介します。

【山芋】

漢方薬にも配合されている滋養強壮に効果があります。精子をつくるのを助けてくれます。

【ネギ類】

ネギ科の玉ネギ・ネギ・ニラ・にんにくなどは男性ホルモン全体の活性化をしてくれます。

【アボカド】

ホルモン調整の司令塔・脳の視床下部の働きを活発にする「ビタミンE」をたくさん含んでいます。

上記の食品を積極的に食事に取り入れることで、テストステロンの分泌を促してくれます。

テストステロンを補うためサプリメントを活用する

テストステロンの分泌を増やしたい人で生活習慣の見直しや食事で補うのが難しい人はサプリメンとで栄養を摂取する方法があります。食事では補いきれないテストステロンの分泌を促す栄養素を効率よく摂取することが可能です。錠剤タイプや食事に混ぜて摂取できるものもありますので好みに合わせて使用できます。テストステロンの分泌を促す人気のサプリメントをご紹介します。

  • ロイヤルハニー

    ロイヤルハニー

    ロイヤルハニーは天然の栄養成分が凝縮された純正はちみつを使用した健康食品です。男性機能を向上させる天然の「トンカットアリ」が配合されています。トンカットアリは、熱帯雨林に自生している植物で精力増進とテストステロンの分泌を促す働きがあります。マレーシア人参という別名を持ち、高い滋養強壮効果があります。セックスミネラルとも呼ばれる亜鉛を多く含んでいるので、精子の生成や運動率を上げる働きもあります。 通常のはちみつと同じように摂ることができますので、パンにつけたりヨーグルトにかけてお召し上がりいただくことが可能です。

  • ロイヤルハニーPOWER52

    ロイヤルハニーPOWER52

    ロイヤルハニーPOWER52はロイヤルハニーを改良した進化版です。ロイヤルハニーと同じ天然成分で作られていますが、ロイヤルハニーPOWER52は50年物トンカットアリを配合し、さらに凝縮することで量を減らし効率よく摂取できます。甘いものが苦手な人でも摂取しやすいよう濃縮しているので、少量でもテストステロンの分泌を促します。高濃度の成分を配合しているので、ロイヤルハニーよりも高い効果があります。

  • トンカットアリパワープラス

    トンカットアリパワープラス

    トンカットアリパワープラスは男性機能の向上に効果のあるトンカットアリを配合しているサプリメントです。トンカットアリには亜鉛の他にアルギニンが含まれているので、血液の流れを良くしスタミナアップの働きがあり、EDの予防にも効果があります。男性ホルモンを活性化させテストステロンの分泌を促す働きがあるので、性欲や精力の増進にも効果があります。サプリメントなので毎日摂取することができ、効率的にテストステロンを増やすことが可能です。

まとめ

テストステロンは男性ホルモンのひとつで、性欲を感じ勃起を起こすのに大切なホルモンです。テストステロンが減ってしまうと男性機能も低下してしまいます。テストステロンの低下は男性機能の向上を目指す人には欠かせない問題です。テストステロンの低下は目に見えず、体感や症状で測ることしかできません。加齢に負けずより魅力的な男性で居続けたいと思う人は、テストステロンの分泌を増やす努力が必要です。

テストステロンの低下を防ぐ為に、生活習慣の改善や男性機能を向上させるサプリメントを使用することで男性ホルモンが活性化されテストステロンの分泌が促進されます。