包茎を種類やデメリット、短小の関係性について解説。ペニス増大サプリでの治療法も紹介

包茎とは

包茎は女性が嫌う症状のひとつで、不潔、早漏などといったイメージが根強く持たれています。実際、不衛生になる場合も多く、早漏というケースも見受けられます。仮に清潔にしていたり早漏ではなくても世間のイメージが変わることは考えにくく、また自身の大きなコンプレックスになっている場合も多いという点からも治療するのが最善と考えられます。

こうした包茎の概要や、日本における包茎事情、その症状やデメリット、短小との関係性、包茎の治療方法、治療後のメリットを説明します。

包茎の種類

現在日本では約70~80%の男性が包茎であるというデータがあります。世界では割礼といわれる幼少時の包皮切除を3人に1人が受けていますが、割礼の少ない国の1つである日本は包茎率が高くなっています。

包茎は医学的に3種類の症状に分かれ、日本人の約60~70%が仮性包茎であるといわれます。そのほか真性包茎カントン包茎があり、これ以外に過度の肥満が原因で陰茎が脂肪に埋まり包皮でおおわれる埋没包茎があります。

包茎の種類とその症状について1つずつ解説していきます。

真性包茎

陰茎は亀頭と陰茎体部からなり、亀頭は陰茎包皮に包まれています。思春期に第二次性徴が訪れると陰茎包皮は亀頭と別れ自由に動くことができるようになります。男性ホルモンの働きでこの時期成長する陰茎本体に陰茎包皮の成長が追い付かず、亀頭上で反転し自然と亀頭が露出するものですが、亀頭と包皮が癒着を起こしていたり、包皮口が非常に狭いといった理由により亀頭が全く露出しない状態を真性包茎と呼びます。

真性包茎は医療保険が適応されることからわかるように大変深刻な症状です。陰茎包皮の内側に溜まる恥垢が多くの病気の引き金となりかねないので手術が必要です。

カントン包茎

カントン包茎は平常時に亀頭を露出することはできますが、真性包茎以上に重大な問題に発展する恐れがある症状です。性行為の際、見栄を張って無理に亀頭を露出させようとして戻らなくなったり、寝ているときに無意識に亀頭が露出して戻らなくなるというように原因はさまざまです。

カントン包茎の陰茎包皮は包皮口が極端に狭く、無理に亀頭を露出させることで亀頭根本の包皮輪で締め付けられ亀頭が膨張し戻らなくなります。この状態で性行為を行った場合、包皮が裂けてしまう可能性があります。亀頭部をつぶすようにして包皮を戻せる場合もありますが、まったく戻せなくなった場合、亀頭部がうっ血し壊死する恐れがあるため、早急に手術が必要です。

埋没包茎

埋没包茎は陰茎包皮の長さが問題というよりも、肥満体系の人に多くみられる症状で、男性器がおなかの肉によって埋もれてしまっていることを原因とする包茎で、男性器が異常なほど小さく見えてしまうという特徴があります。

体外に出ている男性器が極端に短いため性行為の方法が限定されたり、挿入が浅く女性の満足度も低下します。肥満以外の原因として男性器のもともとのサイズが小さいことで埋没包茎になってしまう人もいます。

医学的には埋没包茎は包茎の症状に含まれず、肥満やペニスサイズの原因で埋没包茎になったり、ほかの包茎と同時に起こるケースもあります。男性器のサイズを原因とするため包茎手術というより、減量して埋もれた部分が体外に出したり、男性器をサイズアップする治療方法が取られます。

仮性包茎

仮性包茎は包茎の中でもっとも発症者の多いもので、日本人男性の約60~70%が仮性包茎と言われており、その症状の範囲も広く定義されています。

平常時に皮をかぶっていても勃起時には亀頭が露出する軽度の仮性包茎から、勃起時にも皮をかぶったままの重度の仮性包茎までありますが、どちらも手で剥けば簡単に亀頭をすべて露出させることができる状態ならば仮性包茎とされます。

真性包茎とカントン包茎に医療保険が適用されていることに対し仮性包茎は自由診療であることから、大人になっても治療せずにいる人が多い傾向にありますが、衛生面ではほかの包茎と同様に恥垢が溜まりやすいため、さまざまなリスクがあります。

仮性包茎になる基本的な原因は男性器のサイズが小さく包皮が余ってしまうということですが、男性器のサイズが小さい原因を引き起こす要素として、包皮を剥かずに自慰行為を行い続けることが男性器のサイズを小さくすると言われます。

具体的には思春期などにおいての過剰な自慰行為によって、男性器を成長させるためのホルモンが性欲を解消することに転換され男性器の成長を止めてしまうという原因と、亀頭が包皮に包まれた状態で行う自慰行為によって物理的に包皮が伸びてしまうことから包皮によって成長を妨げられるという場合があります。

またこの際男性器が十分に成長していても包皮が伸びてしまったことで亀頭を露出できなくなり仮性包茎になっている場合もあります。

包茎のデメリット

包茎のデメリットについて説明します。包茎自体は病気ではありませんが、多くのデメリットがあり、主に性行為、衛生面、精神面といったさまざまな方面にあらわれます。また包茎は自身だけに悪影響を及ぼすにとどまらず、パートナーにとっての健康上のリスクや関係悪化につながるケースもあります。

性行為

包茎が問題になる最大のシーンは性行為時であると言えます。女性の包茎に対するイメージは「不衛生」、「感染病が怖い」といったものから、「幼そう」、「未熟」というように精神面にもレッテルを貼られることもあります。そのため包茎であることで性行為の機会を逃すこともあったり、自分自身の負い目から性行為に積極的になれないというケースもあります。

亀頭周辺に恥垢が溜まることで衛生面や悪臭も大きな問題となります。仮性包茎であれば剥いて洗うこともできますが、真性包茎などは一度も洗っていない状態にあるため非常に不衛生で、不潔という理由でオーラルセックスを断られたり、包皮によってコンドームが着けにくい、または外れやすいという避妊上のデメリットもあります。

またこうした性行為に当たっての不安要素がとても多くなるため、心因性のED(勃起不全)を発症してしまうこともあります。ED自体はED治療薬で治療・改善することができますが、性行為自体に対して消極的になってしまうこともあります。

女性も相手が包茎であることに気をつかってしまい、性行為に集中できなくなるため、精神的に女性の快感を妨げてしまったり、包皮が邪魔をして物理的にも女性の刺激が弱まるという問題があります。

性交できても清潔にできない男性器に繁殖した雑菌は、子宮頸がんや性病に感染する原因とも言われて、性行為においての衛生上、非常に深刻な問題となり、挿入自体を拒否される可能性もあります。

早漏

包茎でもう一つ大きな問題となるのは早漏の症状です。早漏は自分で射精をコントロールできない症状で、性交時約1~2分で射精してしまったり、相手に満足を与えられないうちに射精してしまう状態をさします。

包茎の亀頭は露出が少ないか、あるいはまったくないため刺激に慣れておらず、刺激に対して非常に弱い敏感な状態です。そのため、性的刺激を受けるとすぐに射精してしまいます。

早漏防止薬を服用することで早漏をある程度防止することはできますが、包茎を治療しなければ亀頭や包皮の内側の内板と呼ばれる性感帯が性的刺激に弱いままなので、根本的な早漏であることに変わりはなく、また亀頭の免疫力が弱いままなので炎症などを起こすリスクは残ります。

その他のデメリット

性行為時以外にも包茎のデメリットは多数挙げられます。衛生面では包皮内を清潔にできないと雑菌が繁殖してしまい、亀頭包皮炎、尿路感染症、尖圭コンジローマといった疾患や、最悪陰茎がんを発症してしまう人もいます。陰茎がんは自覚症状がないため、発症してしまうと発見したときはもう各部位に転移した状態という例も珍しくありません。

また銭湯などで同性に対して恥ずかしい思いをしたりという精神的な面でのデメリットもあります。またカントン包茎のデメリットとして包皮の裂傷や亀頭部の壊死といった危険もあります。

包茎と短小の関係性

包茎の人は短小になりやすいというデータがあります。日本ではおよそ3人に1人が短小であると自覚し悩みを持っていると言われます。勃起時の長さが5cm以下の場合、小陰茎症、またはマイクロペニスという病名がつきます。5~7cm未満だと一般に短小とされます。同じ短小でも恥骨周辺の脂肪によって男性器が埋もれて露出部分が小さい場合は埋没包茎に分類されます。

重度の包茎と短小

包茎男性の男性器サイズは平均以下の傾向にあると言われています。これは真性包茎や重度の仮性包茎に見られるもので、思春期に男性器が形成されていく段階で通常は陰茎包皮が反転し亀頭が露出しますが、男性ホルモンの分泌不足や陰茎包皮の包皮口が狭いなどの理由により亀頭が露出しにくい、あるいはまったく露出しない場合、男性器の縦への成長が妨げられ、その結果短小になってしまいます。

短小は性交自体が難しくなってしまう可能性もあり、また性交できても一般的に日本人女性の膣の長さは約7~10cmと言われているため、短小の基準とされる7cm以下の場合、女性の性感帯の中で最も感度が高いボルチオがある子宮口まで届かないため、女性が満足な快感を得られにくいというデメリットとなってしまいます。

亀頭の成長をはばむ

包茎によって亀頭が露出しないことは、短小のほか亀頭の成長を阻むというデメリットがあります。第二次性徴での性器の発達で男性器は縦にも成長しますが、亀頭が成長するのも大きな変化になります。この時期亀頭を露出させる癖をつけると、亀頭は更に成長し成人型の男性器になりますが、包茎の場合、亀頭の成長を陰茎包皮が妨げてしまうことで、亀頭が細いまま成長が止まり、先細りの短小になる場合があります。

亀頭が先細りになると、陰茎亀頭冠(カリ首)で陰茎包皮を抑えておくことができないため、亀頭を露出したまま維持することが難しくなります。性交時にも陰茎亀頭冠は膣内を適度に刺激する役目を果たしているので、与える刺激が弱くなってしまい、女性の満足を得られにくくなってしまいます。性交時の自信が持てないことでEDを発症してしまうこともあります。

包茎の治療方法

包茎の治療方法は包茎の種類や症状の重さといった違いによって変わります。真性包茎やカントン包茎は医療保険が適用されるので手術で治すことが一般的です。仮性包茎は自由診療で手術を選択するほかに、亀頭を露出させるように矯正する方法などもあります。

仮性包茎など男性器の成長が足りないケースや埋没包茎のように男性器の長さが足りないことが大きな原因である場合、長径手術やペニス増大サプリメントで男性器を伸ばすことで亀頭を露出させる方法が有効です。

手術

手術によって包茎を治療するメリットは確実な治療が可能であるという点です。真性包茎やカントン包茎は健康上のリスクが高いため医療保険の適用範囲に指定されているので、多くの場合手術して治療する方法が取られます。

仮性包茎も手術が可能ですが、自由診療なので医療機関により設定金額に開きがあります。高額な医療費を請求されるといったケースもあるので、信用できる医療機関を選ぶことが大切です。

手術の際は性感帯のある包皮を切除するケースが多いため、感度が悪くなってしまう場合もあります。「環状切開術」、「亀頭直下埋没法」ほか、クリニックそれぞれ独自の治療法などがあります。手術の方法と回復度合いによって約数週間~3ヵ月性行為ができなくなります。

包茎矯正

包茎を矯正するため、日々継続して剥いたり矯正具を装着して日常的に亀頭を露出させ、包皮にくせをつけることで包茎を治療する方法もあります。これらは包皮を反転させ亀頭を露出できるタイプの包茎でなければ治療を始められないので、真性包茎には適用できず、カントン包茎も包皮が戻らないので危険です。

矯正器具にはパンツタイプ、男性器にはめるリングタイプ、そして包皮と男性器に使用する接着剤タイプがあり、安全性には注意が必要です。もともと余っている包皮が戻らなくなるようにくせをつけることが目的なので、治療期間はどうしても長期間必要となりますし、治療期間中毎日継続する必要があります。

手術と違い自然な状態で治療が可能で価格も安価にはじめることができますがデメリットもあります。矯正器具には医学的根拠がないので矯正を続けても確実に治療できる保証がなく、長期間矯正を続けた結果治らない可能性もあります

器具の使用方法を誤ると亀頭や包皮を傷つけることになり、傷から細菌が繁殖して感染症を引き起こしたり、最悪男性器が壊死してしてしまうこともあります。

ペニス増大サプリメントの利用

手術や矯正によって治療する方法以外にも包茎を治療する方法はあります。男性器のサイズと陰茎包皮の長さが合っていないため包茎は引き起こされるので、男性器が長くなり包皮が余らなくなれば包茎は治癒します。

この男性器のサイズアップに有効なのがペニス増大サプリメントです。これは仮性包茎や埋没包茎にも有効です。サプリメント利用には多くのメリットがあります。

男性器の大部分は海綿体でできており、海綿体は血液を貯める役割を果たしており、血液を貯めたことによる内圧の上昇で勃起をさせる役目もあります。海綿体は鍛えることができない部位であり、海綿体への血流も自分でコントロールことはできませんが、ペニス増大サプリメントの多くはこの海綿体へはたらきかけ、血流を改善する成分を配合することでサイズアップを可能にしています。

ペニス増大サプリメントは天然由来成分でできているものがほとんどなので、副作用の心配がなく、せっかくサイズアップしても勃起力がないという方に対しても、ED治療薬との併用も可能という点も利用しやすいメリットです。矯正と同じく継続して飲む必要がありますが、その分、サイズアップだけでなく、精子増量効果のある成分が入ったものや精力、性的興奮をアップさせる成分など、自分のライフスタイルに合ったものを選べる利点もあります。

人気のペニス増大サプリメント

ペニス増大サプリメントにもいろいろな種類があり、自分に見合った成分を補うことでより高い効果を体感することができます。海綿体への血流改善を促すものが多く、精力や性機能を増強させることでペニス増大を狙ったものや、勃起力にも焦点をあてたもの、精子の増量をはかるもの、コンドームのような装着型のものもあります。

  • エンハンス9

    エンハンス9

    エンハンス9は錠剤タイプのペニス増大サプリメントです。男性器のサイズアップ、勃起力アップ、長時間性行為を楽しむためのスタミナアップに効果があります。天然由来成分で副作用の心配もなく飲み続けて約3か月~半年ほどで自然な効果を発揮します。ED治療薬との併用も可能です。

  • ビッグRXプラス(VigRX Plus)

    ビッグRXプラス(VigRX Plus)

    ビッグRXプラス(VigRX Plus)は錠剤タイプのペニス増大サプリメントです。「ビッグRX」の効き目を更に強力にしたサプリメントです。男性器のサイズアップ、性欲アップ、勃起を持続させる持久力アップに効果があります。天然由来成分で副作用の心配もなく飲み続けて約1~3ヵ月ほどで自然な効果を発揮します。ED治療薬との併用も可能です。

  • ボリュームピルズ

    ボリュームピルズ

    ボリュームピルズは錠剤タイプのペニス増大サプリメントです。精子増量とペニスのサイズアップに効果があり、1週間程度で朝勃ちが回復した例もあります。天然由来成分で副作用の心配もなく飲み続けて約3ヵ月~半年ほどで自然な効果を発揮するほか、性行為の約1時間前に2錠飲むこともできます。

  • ビリリティピルズ

    ビリリティピルズ

    ビリリティピルズは錠剤タイプのペニス増大サプリメントです。ペニス増大、勃起不全、中折れなどのほか、精力増幅、性機能回復に改善効果があります。天然由来成分で副作用の心配もなく飲み続けて約3ヵ月~半年以上飲むことでより効果を実感できます。性行為前に飲むことで効果を実感したという報告もあります。

  • ペニス増大コンドーム

    ペニス増大コンドーム

    ペニス増大コンドーム(ベターマンエナジャイズドコンドーム)は、装着型のペニス増大効果のあるコンドームです。個人差がありますが赤外線とアニオンの効果で装着後すぐにペニス増大効果を実感できます。「ストロベリー」「オレンジ」「バニラ」の3種類のフレーバーから選べます。天然ゴム製でゴムや潤滑油アレルギーの方以外、副作用はありません。

  • マカ

    マカ

    マカは男女共にお飲みになれる自然素材マカの栄養素を凝縮したサプリメントです。滋養強壮、精力増強に効果があります。マカには男性機能を改善する成分が多く含まれているため男性器を元気にすることができます。天然由来成分でいつどのタイミングでもお飲みいただけます。

治療後のメリット

包茎を治療することで包茎が原因とされるさまざまな病気リスクを回避することができ、亀頭が露出し感覚が慣れてくれば早漏も改善が見込まれます。

また亀頭が露出すると陰茎亀頭冠が性行為の際しっかりと機能し女性の膣を強く刺激することができるので、女性の感度も上昇します。治療後露出した亀頭が敏感すぎたり、性行為時に慣れるまで時間がかかりそうであれば、KYジェリー(女性潤滑ゼリー)のような女性用潤滑液などを使って膣の滑りを良くすることで円滑に性行為ができるので安心です。

男性器の増大によって包茎を治すことができれば、包皮の性感帯も残ったまま感度も維持でき、性行為の際の女性の満足度もより高めることになります。

包茎を治すことは肉体的にも健康上も、自信につながることで精神的なメリットもあり、さらにパートナーをも幸せにすることにもつながります。包茎治療は人生において非常に重要な選択になるでしょう。