• スペマンの通販
上へ戻る

ED(勃起不全)とは

ED(勃起不全)とは

ED(勃起不全)とは、医学的には「性交時に有効な勃起が得られないために満足な性交ができない状態」「通常性交のチャンスの75%以上で性交ができない状態」のことをさします。(日本性機能学会による定義)

英語で「Erectile Dysfunction」と表記された略語で、本来であれば性的な刺激を与えることで勃起するはずの男性器が勃起しない、または勃起しても完全な勃起に至らない、勃起しても射精まで維持することができない(中折れ)といった場合、SD(性機能障害)の1つとして位置付けられ勃起不全と診断されます。

ED、勃起不全の他に「インポテンツ」といった呼び名で認知されています。

ED(勃起不全)の症状

ED(勃起不全)の主な症状には、勃起困難、硬度不足、勃起が維持できない中折れがあります。
これらの症状によって満足な性行為が行えなくなります。

勃起困難

勃起困難とは、性的刺激により脳が興奮した状態になっても男性器が勃起しないことを意味します。
勃起困難の人は、朝、目が覚めて全身の血流が良くなることで起こる朝立ちも起きなくなります。
また性的興奮すら起こらない。といった場合は性機能障害に分類されます。

硬度不足

硬度不足とは、勃起はするが性行為を行う上で硬度が足らない症状のことをいいます。
普段は硬度に問題ない人もアルコール摂取によって一時的に硬度不足が起こるという人もいます。
硬度不足の有無はEHS(Erection Hardness Score)でチェックすることができます。
病院での診断でも使用されているもので勃起の硬さを果物の硬さに置き換えて硬度の指標として診断されます。

中折れ

中折れとは、勃起はするが勃起の状態を維持できなくなってしまい結果的に射精にまで至らない症状のことをいいます。
中折れの多くは緊張やプレッシャーによる心理的要因によって起こりやすいとされています。
普通に勃起はするので勃起不全ではないと思いがちですが射精に至らないのであれば勃起不全と診断されることになります。


ED(勃起不全)の症状は大きく分けて3段階に分けられます。
勃起不全は放っておけばそのうち改善する。ということはありません。
軽度~重度に進行してしまった場合でもきちんと治療を受けることで改善することができます。

軽度のED(勃起不全)

・たいていの場合は性行為に十分な勃起力が維持できる状態。
・最初は硬く勃起するが長続きできないことがある。
・挿入時に男性器の硬さが十分でないことがある。

中度のED

・挿入後に中折れしてしまうことが増える。
・興奮していても勃起をしない時がある。
・時々、性行為ができない。

重度のED

・性行為時に十分な勃起力を得られない。
・勃起力を維持することができない。

勃起のメカニズム

勃起のメカニズム

勃起のメカニズムには、「中枢勃起」と「反射性勃起」があります。

中枢性勃起

中枢性勃起とは、脳の中で想像したり、視覚、聴覚、嗅覚などの五感が刺激されることで大脳が興奮して起こる勃起のことをいいます。
脳での興奮が脊髄内にある中枢神経に伝わり男性器周辺の血管が拡張され大量の血液が流入されることによって起こります。

反射性勃起

反射性勃起とは、男性器に直接性的刺激を与えることで男性器周辺の血管が拡張され大量の血液が流入されることで起こります。
その他にも乗り物の振動を感じることで反射的に勃起が起こることがあります。

ED(勃起不全)の原因

ED(勃起不全)の原因

ED(勃起不全)が起こる原因は様々で、それぞれの原因によって治療法が異なります。

自身の勃起不全の症状や原因に合わせた治療を行うことが早期改善に繋がります。

自身の原因だけでなくパートナーが関係して起こる勃起不全もありますので、きちんと改善するためにも正しい知識をもっておくことが必要です。

心因性ED

心因性ED

心因性EDとは身体的には問題が無いにも関わらず、何らかの心理的原因により満足な勃起が出来ない状態のことをいいます。

性行為に対する緊張やプレッシャーにより起こるとされています。過去の性行為による体験やパートナーの言動により起因することもあります。

これは脳で感じた性的興奮が神経系を伝い男性器に勃起の指令を出す前に抑制されてしまうことで起きます。
中には性的興奮自体が起きないという人がいますが、その場合はSDとなり勃起不全とは別の疾患になります。

心因性EDは現実心因と深層心因の2つに分けられます。

現実心因

現実心因というのは日常生活の中で生まれるストレスのことです。
この現実心因が原因でEDが引き起こされることがあります。

現実心因の主なストレスは下記のものです。

・家庭不和
・職場の環境やトラブル
・過労
・緊張
・睡眠不足
・初体験
・性行為に対しての過去のトラウマ

深層心因

深層心因というのは現実心因とは異なり、心の深いところに埋まっているストレスです。
現実心因はある程度原因を自覚出来ていることが多いですが、深層心因の場合は大半の人が原因が分からないとされています。

幼少期に出来たトラウマなど自分では思ってもいなかったような事が原因となっていることも多いようです。そのため、深層心因でEDを引き起こしてしまった場合には、治療に関しては現実心因とは異なり時間もかなりかかってしまうことが多いとされているのです。

深層心因の主なストレスとして言われているものは下記のものです。

・妬み
・怒り
・欲求不満
・憎しみ
・不安
・幼少時の心的外傷体験

器質性ED

器質性ED

器質性EDとは、男性器の勃起に関わる各神経、組織、血管系に異常を生じている、あるいは男性器の陰茎自体の異常によって満足な勃起ができない状態のことです。

一般的には加齢が影響し起こると認知されていますが、加齢以外にも病気により勃起不全の症状を併発しているといった場合もこの器質性EDにあてはまります。

そのため器質性EDの場合は、原因となっている病気の治療を優先させる必要があり、医師と相談しながら行っていくことが必要になります。

また種類も色々で、血管性、神経性、内分泌性、外傷や手術により起こることがあります。

その他に高血圧、糖尿病、男性ホルモン低下、老化、抗うつ薬の副作用で起きることもあります。
男性ホルモンであるテストステロンの低下も器質性EDの原因になります。

混合性ED

混合性ED

混合性EDとは、心因性EDと器質性EDを併発している勃起不全のことを指します。

まず何らかの病気により器質性EDになり、満足な勃起ができない不安やストレスによる精神的な負担が要因になって心因性EDになってしまうと混合性EDとなります。

きっかけになる病気は、糖尿病、腎不全、泌尿器科的疾患、外傷や手術、その他に加齢などがあります。

混合性EDは正常な勃起を起こすのに必要な、健康な身体とリラックスした精神状態の両方の要素が欠けた状態になります。よって混合性EDの治療には両方の治療が必要となります。

薬剤性ED

薬剤性ED

薬剤性EDとは、別の病気にかかりその治療のために服用している薬の副作用により引き起こされる勃起不全になります。

治療のために常用している薬の中には著しく性欲、勃起、射精の機能を低下させるものがあり、これにより勃起不全になることがあります。

副作用として勃起不全が報告されている薬は多く、主な薬に降圧剤、精神神経薬、ホルモン剤、抗潰瘍剤、脂質異常症治療薬、アレルギー用剤が挙げられています。

該当する薬の服用を中止することで改善しますが、治療を妨げることになるので勝手に飲むのをやめてしまうことのないよう、まずは担当の医師と相談するようにしてください。

ED(勃起不全)の治療法

ED(勃起不全)の治療法はたくさんあります。
主な治療法に「心理療法」「ICI治療」「手術による治療」「ED治療薬」があります。

勃起不全の治療は早期発見、早期治療することで回復しやすくなります。勃起不全の症状が少しでもある場合は、すぐに治療を始めることをおすすめします。

心理療法

心理療法

心理療法とは現実心因と深層心因によって治療法が異なります。

自分自身で治療する方法のほかにもパートナーに協力してもらいながら治療する方法があります。

まず「勃起をしない」「挿入しない」ことを前提とした性行為を行い、それを繰り返すことで心理的なプレッシャーを取り除き勃起不全を改善するといった方法です。

現実心因

現実心因が原因の場合はカウンセリング、暗示療法、リラクゼーション、再教育療法、自律訓練法、行動療法といった非分析的アプローチによる治療方法となります。

深層心因

深層心因が原因の場合は精神分析、簡易分析、分析的精神療法、交流分析といった分析的アプローチによる治療方法となります。
心理療法を行う場合、料金は平均で「1時間約10000円」となっています。
ゆっくりと時間をかけて心のケアをしていくといった治療になるため、長期間かかってしまうこともあります。

ICI治療

ICI療法

ICI治療とは陰茎に直接薬剤を注射して治療する方法です。
薬剤の効果によって陰茎部周辺の血管を拡張させ大量の血液を陰茎部に流しこみ勃起させます。

太さ0.3mmの針がついた注射器を使って自分で注射します。

主に持病やその他の原因が理由でED治療薬を服用することができないといった人が用いる方法です。
ただし、この方法は日本ではまだ認可が下りていないので、自己責任での使用ということになります。

使用できる回数は、週2回まで。性的刺激がなくても勃起する強制的な方法になるので感度が大幅に下がる可能性があります。勃起の持続時間は約1時間30分~2時間と短めです。

1回分の費用は約6000円~10000円となっていて診察料が別途かかります。
さらに実施されている医療機関も限られており専門の医師がいない場合は原則治療することはできません。

手術による治療

手術による治療

ED(勃起不全)と診断された場合、最初はED治療薬服用での治療が第1選択となりますが、それでも効果が得られなかった人は外科手術によって治療することになります。

血管性勃起不全の治療費はバイパス手術やカテーテル手術など複雑な手術となるので約30万~50万になります。

一般的に行われる手術方法は3つです。
動脈性勃起不全、静脈性勃起不全、陰茎プロステーシス移植術になります。
手術を行った場合は数ヶ月は性行為を行えませんのでご注意ください。

動脈性勃起不全

動脈性勃起不全は、血管の閉塞などによって血流が悪くなり勃起不全を発症します。
バイパス手術、カテーテル手術により血管の閉塞を取り除く血管拡張手術を行います。手術には約4時間かかり、成功率は50%と失敗も多い方法です。
副作用として報告されているのは、陰茎のむくみ、持続性勃起症、陰茎知覚低下です。

静脈性勃起不全

静脈性勃起不全は、血液が陰茎から流出してしまい陰茎に血液を留める事が出来ないことで勃起不全を発症します。
深陰茎背静脈の切除や陰茎脚結紮手術という手術を用いて治療します。術後1年経ち効果が持続している可能性は50%以下です。術後に新しい静脈ができると再度勃起不全になる可能性があります。
副作用として報告されているのは、陰茎背神経障害、陰茎包皮のむくみです。

陰茎プロステーシス移植術

陰茎プロステーシスとはシリコンや器具を陰茎、陰茎周辺に埋め込むことで勃起不全を改善します。自在に折り曲げることが可能なシリコンを使うことで擬似的に勃起状態を作り出します。
この手術は勃起不全の改善方法としての最終手段となります。手術後は元の状態に戻すことができません。
感染症や器具の故障が発生した場合には再度手術が必要になります。自然な勃起回復の可能性がなくなってしまう方法になります。

勃起不全治療の費用について

勃起不全は病気と認められていません。そのため、治療法により費用が大きく変わります。

あくまでも勃起不全の治療は「生活の質を高めるため」という判断になるので病院で保険が適応されることはなくすべて自己負担となります。
処方されるED治療薬もすべて実費になるため治療が長引いた分、費用がかかってしまうことになります。

手術は通院が必要となり時間とお金がかかるうえ、再発の可能性もあります。
ED治療薬に関してはジェネリック医薬品を使うことで比較的経済的に治療することができます。
病院でED治療薬を処方してもらうと、1錠あたり約1500~2000円が相場です。手術となれば約60万円かかることもあります。

高額になればなるほど、また症状が重いほど経済的負担は大きくなります。
自身の原因や症状をきちんと理解し、的確な治療方法を選びましょう。

費用を抑えたい人や様々な症状に効果があるのは第1選択であるED治療薬となっています。
勃起不全で悩んでいるという人は症状が軽いうちにED治療薬を試してみることをおすすめします。

ED治療薬

ED治療薬を服用することで男性器への血液の流入の邪魔をするPDE-5を阻害し血流を促進、きちんと流入させることで陰茎を勃起させED(勃起不全)を治療するという方法です。

ED治療薬に含まれている有効成分には共通してこの作用がありますが、「持続時間」「食事による影響」「効果のあらわれ方」「副作用」は成分によって異なります。
自分の求める条件に該当するED治療薬を選びましょう。

ED治療薬の有効性は80%と非常に高いにも関わらず、脳に働く薬ではないため依存性がなく安心して服用することが可能です。
また万が一、間違ったタイミングでED治療薬を服用してしまったとしても性的刺激や興奮がない限り勃起することがないので普段通り過ごすことができます。

ED治療薬が服用できない人や現在薬を服用中の人、狭心症、心筋梗塞、肝機能障害を患っている人は医師に相談のうえで服用するようにしてください。

現在販売されている主なED治療薬は「バイアグラ」「レビトラ」「シアリス」「ステンドラ」「ザイデナ」となっています。

バイアグラ レビトラ シアリス ステンドラ
画像
特徴 力強く硬い勃起力 即効性が高い 長時間作用
副作用の軽減
即効性がある
副作用が少ない
即効性 約30分~1時間 約15~20分 約1時間~3時間 約15~30分
持続時間 約4~6時間 10mgで約5時間
20mgで約10時間
10mgで約20~24時間
20mgで約30~36時間
約3~6時間
食事の影響 影響が大きい
空腹時の服用を推奨
影響は少ない
700kcalまでの食事なら影響を受けない。
影響は少ない
800kcalまでの食事なら影響を受けない
影響はほとんどない
適量であれば影響を受けない
アルコールの影響 影響が大きい
飲酒は控えた方が良い
影響は少ない
適量を超えない程度に留める。
影響は少ない
少量であれば影響は受けない
適量であればほぼ影響を受けない
メーカー ファイザー バイエル 日本イーライリリー ヴィーヴァス
詳細 バイアグラについて詳しくはこちら レビトラについて詳しくはこちら シアリスについて詳しくはこちら ステンドラについて詳しくはこちら

ED治療薬はジェネリック医薬品がお得

ED治療薬はジェネリック医薬品がお得

ED治療薬には後発薬であるジェネリック医薬品が多く存在します。
先発医薬品である薬と同じ有効成分を使用しているので、効果、品質、安全性など、ほとんどが同じ薬となっています。

ジェネリック医薬品は「有効成分の種類と量」「用法用量」「効能効果」以外は先発医薬品と異なっても問題ないとされています。
形や味を変更することで先発薬よりも服用しやすい工夫がされていることがあります。

先発医薬品と後発医薬品の差は、新たにED治療薬を開発する必要がないので莫大な費用をかけずに済みます。そのため低コスト、低価格で販売することができます。

おすすめのジェネリック医薬品を紹介します。

バイアグラ

同じ有効成分シルデナフィル配合。
カマグラゴールド
バイスマ

レビトラ

同じ有効成分バルデナフィル配合。
サビトラ
レビスマ

シアリス

同じ有効成分タダラフィル配合。
タダライズ
シアスマ

ステンドラ

同じ有効成分アバナフィル配合。
アバナ

ザイデナ

同じ有効成分ウデナフィル配合。
ズデナ

ジェネリック医薬品のメリット・デメリット

ジェネリック医薬品のメリット・デメリット

ED治療薬のジェネリック医薬品を紹介してきましたが、結局ジェネリック医薬品の一番のメリットというのはどのような点なのでしょうか。
そして、先発薬と比べるとどのような点がデメリットとなるのか紹介します。

ジェネリック医薬品のメリット

ジェネリック医薬品のメリットとして一番は先発薬と効果がほぼ同じなのに対し、低価格で購入することが出来るという点です。

ED治療薬のなかでも特に先発薬は1錠単位が約1500円ほどとかなりの高額となっています。そういった問題から継続することが難しいという人も多いといわれています。

ですが、ジェネリック医薬品であればそういった経済的な問題を解決させることができます。

先発薬と比べた時のジェネリック医薬品のメリットを下記にまとめましたので参考にしてください。

・先発薬と同等の効果が得られる。
・開発コストがかからないため、先発薬と比較すると約4~8割安く購入することが可能。
・先発薬の欠点が改良されているため服用しやすくなっている。
・日本人の体型に合ったED治療薬がある。
・ED(勃起不全)と早漏を同時に改善することのできる医薬品がある。

ジェネリック医薬品のデメリット

ジェネリック医薬品は決してメリットしかないというものではありません。メリットがあればもちろんですがデメリットも存在します。
ですが、基本的に先発薬と含まれている成分というのは同じなので異なった効果や副作用がでるといったことはありません。

ジェネリック医薬品のデメリットをまとめましたので参考にしてください。

・偽造品が多く出回っているため、信頼できる病院や個人輸入代行サイトを利用する必要がある。
・錠剤タイプ、カプセルタイプ、ゼリータイプなど形状によって効果が出るまでの時間が異なる。

ED(勃起不全)は早めに治療

ED(勃起不全)は早めに治療

ED(勃起不全)は自身の健康を見直すチャンスにもなります。少しでも性行為時に不安に思うことがある際は早めに病院に行き診察を受けるようにしましょう。

現在日本では、軽度の人も含めると成人男性の4分の1。約1100万人の男性が勃起不全の悩みを抱えていると言われています。年齢は「30~40代」「50~60代」の人に多くなっています。

男性器が勃起しなくなるだけではなく、自分では気づかない動脈硬化の疾患、メタボリックシンドローム(高血圧、糖尿病)が関連している場合もあります。
1人で悩みを抱える人が多い勃起不全の症状ですが、恥ずかしがらずに早急に診察、治療を受けるようにしましょう。

また健康を悪化させるだけでなく勃起不全はパートナーとの関係性を悪化させる要因になってしまうこともあります。
お互いが責任を感じてしまうことでセックスレスになってしまったり、トラウマになってしまったりすることがあります。

その場合もやはり軽度のうちに対処することがなによりの治療方法です。

勃起不全は早期発見、早期治療がなによりも大切だということを肝に銘じておきましょう。

ED(勃起不全)にならないための予防方法

ED(勃起不全)にならないための予防方法

ED(勃起不全)を改善することも大切ですが、まずは勃起不全にならないようにしましょう。

そのためには身体と心のバランスを正常に維持することが大切です。
すぐにでも開始できる方法として生活習慣を見直す予防方法についてご紹介します。

食生活

不規則な食生活(脂肪のとりすぎ、1日のカロリーオーバー)を繰り返すと血流の流れが悪くなり本来の血管の機能が上手く働かず、動脈硬化になる可能性が高くなります。
動脈硬化になると勃起時に必要な血液が男性器に流れなくなってしまい勃起不全へと繋がります。

食生活でED(勃起不全)の予防をしたい人は次のことをおすすめします。

・「サバ」「イワシ」「サンマ」といった、青魚は動脈硬化のリスクを軽減します。週2回を目標に取り入れてみましょう。
・水溶性食物繊維を取り入れると動脈硬化の予防、改善に繋がります。「海藻類」「にんじん」「さつまいも」「ごぼう」「納豆」から摂取することができます。
・大豆に含まれているイソフラボンには血液を健康にする作用があります。サラダにしたり、味噌汁といった方法で積極的に摂取しましょう。

運動

ED(勃起不全)と肥満の関連性は非常に高いとされていて、BMI値が高ければ高いほど勃起不全のリスクが上昇するという海外のデータがあります。

また、運動不足は血行不良を招く原因の1つです。
全く運動していない人は週2時間以上ランニングしている人と比べて、勃起不全の発症リスクは約3倍高くなるといわれています。

さらに下半身の筋肉が落ちることで勃起力が落ちるとされており、スクワットや下半身の運動を取り入れることで勃起不全を予防することができます。

そのうえ運動することは、血流の流れを促進するだけでなく男性ホルモンを増加させることができるといわれています。

勃起不全の改善に効果が高いとされているおすすめの運動は、ウォーキング、ランニング、水泳などの「有酸素運動」です。

1週間に3時間以上の運動が目安です。
4週間ほど継続することで勃起不全の予防と改善に大きな効果を発揮します。

ストレス発散

ED(勃起不全)はストレスや性行為に対してのトラウマが原因で引き起こされることが多く、勃起不全になる人のほとんどにあてはまります。

1番の解決方法はストレスを溜めずに生活することですが、実際にはそう簡単に解決できる問題ではありません。

カラオケで大きな声を出したり、趣味に没頭する、開放的な場所に行く、素敵な映画をたくさん見て思いっきり泣くなどストレス発散方法は人それぞれです。
自分にあったストレス解消法を見つけてみましょう。

趣味が特にないという人は、自分の大好きな食べ物を食べるのも効果的です。

自分が楽しいと思えること、喜べることを沢山取り込むということを意識してみるようにしましょう。

まとめ

カップル

年齢を重ねれば重ねるほどED(勃起不全)になる人は増えていきます。
適度な運動や生活習慣に気をつけるのはもちろんのこと、タバコや過度のアルコールも影響します。

昔でしたら注射や外科的な手術が主流となっていましたが、現在は勃起の反応を高める作用のあるED治療薬(P勃起不全-5阻害剤)が第1選択になっています。

勃起不全の改善には時間と根気強さが必要になります。

症状が軽い場合は、まずは生活習慣を見直し、生活習慣を改善しても効果があらわれない場合にはED治療薬を利用するというのもひとつの手です。

治療にかかる費用も考えながら自分にあった改善方法を見つけましょう。

参考サイト:
ED-ウィキペディア

ED治療薬局の嬉しい取り組み

荷物追跡

問い合わせ番号をハイフンなしでご入力ください。