スーパージェビトラ

スーパージェビトラ スーパージェビトラ

スーパージェビトラは勃起不全と早漏防止を治療する医薬品です。レビトラの主成分バルデナフィルにより服用後、約15~20分で効果があらわれ、早漏防止薬の主成分ダポキセチンが射精時間を延長します。

商品詳細

効果

・レビトラと同じ有効成分バルデナフィルが血管を拡張、陰茎部への血液流入を促し勃起させることで、勃起不全や中折れといったED症状に効果があります。
・早漏防止薬のプリリジーと同じ有効成分ダポキセチンが、脳と身体をリラックスした状態にし、性的興奮を抑制することで脳へ伝わる刺激を減らし、射精までの時間を約3~5倍延長する効果があります。

特徴

スーパージェビトラはサンライズレメディーズ社で製造されているEDと早漏を同時に改善することができるジェネリック医薬品です。
ED治療薬レビトラの有効成分「バルデナフィル」と早漏防止薬プリリジーの有効成分「ダポキセチン」が1錠に含まれています。
丸みのある三角形で、薄いオレンジ色の錠剤です。
水に溶けやすく吸収が早いため、即効性があり、食事の影響を受けづらいといった特徴があります。
レビトラやプリリジーと比較すると約半分の価格で購入することができます。

  • スーパージェビトラの服用が向いている人
  • ・早漏と勃起不全の両方を治療したい
  • ・即効性を重視している
  • ・費用を抑えてED治療をしたい

時間

【バルデナフィル】・服用後、約15~20分で効果があらわれ、持続時間は約10時間です。
【ダポキセチン】・持続時間は約4~6時間です。
体調や体格により効果の時間には個人差があります。

関連商品

    人気の高いレビトラのジェネリック医薬品は下記をご覧ください。

  • レビスマ(日本人向けに作られたレビトラのジェネリック)
  • バリフ(錠剤タイプのレビトラのジェネリック)
  • シルビトラ(レビトラとバイアグラの2つの成分を持つ薬)
  • ジェビトラゼリー(即効性抜群のゼリータイプ)

スーパージェビトラと同様にEDと早漏の症状を1錠で改善できる医薬品は下記になります。

服用方法

性行為の前に水またはぬるま湯で服用するようにしてください。1日1回の服用とし、次回の服用までは24時間以上空けてください。

食事の影響は受けにくい薬ですが、空腹の状態で服用をすると効果をより発揮しやすいです。
食後に服用する場合は、あっさりとしたメニューにし、腹8分目でに抑えると消化されやすく、効果を得やすいです。

逆に、揚げ物や脂肪分の多いメニューは消化されにくくなるため、控えたほうが良いでしょう。
食後の服用に関しては個人差があります。吸収が遅くなった場合は効果を十分に得られないこともあるためご注意ください。

一度の服用で摂取できるバルデナフィルの限度量は20mgまでです。はじめから20mgと多い成分量で服用をすると効果や副作用の症状が強くあらわれることがあります。副作用が心配な人はピルカッターを使い、半分や4分の1から服用をはじめ、効果が弱いと感じたら徐々に成分量を増やしていく服用方法をおすすめします。

副作用

副作用は「頭痛」「ほてり」が比較的多く、その他にも「消化不良」「めまい」「鼻水」「視覚障害」「動悸」が報告されています。

これらの症状は薬が作用していることで起こります。作用が落ち着くと同時に副作用も徐々に落ち着きますのでとくに心配はいりません。しかし、薬の効果が切れているにもかかわらず、症状が落ち着かない場合。または、4時間以上痛みを伴う勃起が続く場合には医師の診断を仰いでください。

バルデナフィルの副作用について詳しくはこちら
ダポキセチンの副作用について詳しくはこちら

注意点

・グレープフルーツが含まれているものや、多量の飲酒は薬の血中濃度を高めてしまい、効果や副作用を過剰に強めてしまうことがあります。そのため、薬の服用時には摂取しないようにしてください。
・服用後、一時的にめまいや視覚障害があらわれることがあります。車の運転、高い所での作業、機械の運転操作を行う際には十分注意してください。
・高齢者(65歳以上)や肝機能障害や腎障害のある人は、身体に強い負担がかかる恐れがあるため、少ない成分量から服用してください。
・血圧が乱れている方、高血圧(170/100mmHg以上)低血圧(90/50mmHg以下)の方は服用できません。
・排尿障害治療薬の治療をしていて薬を処方されている人は、服用する前に医師に相談をしてください。
・以前、薬を使用し、かゆみ、発疹などのアレルギー症状が出た人は服用する前に医師に相談をしてください。

バルデナフィルの注意点について詳しくはこちら
ダポキセチンの注意点について詳しくはこちら

併用禁忌

「ニトログリセリン」「亜硝酸アミル」「硝酸イソソルビド」等を含む降圧剤や遮断剤との併用は禁忌とされています。また、アミオダロン塩酸塩が成分となる医薬品(抗不整脈薬)や、リオシグアトが成分の医薬品(肺高血圧症薬)、抗ウイルス薬、抗真菌薬も併用禁忌薬です。

バルデナフィルの併用禁忌について詳しくはこちら
ダポキセチンの併用禁忌について詳しくはこちら