シアリス

シアリス シアリス

シアリスは勃起不全や中折れの症状を改善する効果を持つ錠剤タイプのED治療薬です。タダラフィルを主成分としたシアリスは、効果の持続時間が最大で36時間継続する特徴があります。これまでのED治療薬よりも副作用が少ないため安全性が高く、食事の影響を受けづらくなったことで服用するタイミングも自由になり、非常に利便性が高まった世界的に人気の高い治療薬です。

商品詳細

シアリスは勃起不全や中折れを改善する錠剤タイプのED治療薬です。
バイアグラや、レビトラに続き開発されたED治療薬で、効果の持続時間が最大36時間持続し、食事の影響を受けづらいため、服用するタイミングを選ばす、副作用が少ないことで安全性がより高くなったシアリスのジェネリック医薬品です。

タダラフィルを主成分とするシアリスは、勃起不全の原因となる酵素(PDE-5)の働きを抑制します。PDE-5の働きを抑制することで、陰茎海綿体平滑筋の緊張を緩和することができます。緩和されると勃起に必要な血液を流し込む血管を拡張させることができるのです。
タダラフィルによって身体全体の血流が促進され、勃起をさせるために必要な血液を送るための血管が拡張されているので、血液を陰茎海綿体に大量に流し込むことができるようになり、力強い勃起状態を手に入れられるのです。

これまでのED治療薬は服用後、効果の持続時間が最大で10時間(レビトラ20mg)でした。シアリスは最長の10時間を更に上回る最大で36時間(シアリス20mg)と驚異的な持続時間を持ち合わせています。
また、バイアグラは服用時に食事の影響を受けてしまい効果を得にくいこともありましたが、シアリスは800キロカロリー以下の食事であれば効果に影響を及ぼさないとされているため、食事のタイミングも気を使わずに良くなり利便性が高いです。

副作用も軽減されているため安全性が高く、安心して服用ができるため、世界的に人気、シェア率ともに高いED治療薬です。
シアリスは持続時間の長さからウィークエンドピルとも呼ばれています。夜服用をすれば、2日後の朝まで勃起不全の改善効果を維持することができるため、海外ではパートナーとの旅行のお供としても使われています。

シアリスはイーライリリー社が製造販売している治療薬です。同じ成分で作られているシアリスのジェネリック医薬品は複数ございます。ジェネリック医薬品はシアリスと同様の効果を得られ、価格が半分以下で購入することができるため大変経済的です。

  • シアリスの服用が向いている人
  • ・長時間持続する効果が欲しい
  • ・食事のタイミングを気にしないで服用したい
  • ・はじめてED治療薬を使用する
  • ・副作用を少なく安全性を求めている

服用方法

1日1回、性行為の約1~3時間前に水またはぬるま湯で服用します。

食事の直後に服用すると十分な効果を得られないことがあるため、空腹の状態、または食後2時間以上空けてから服用するようにしてください。

次回の服用までは24時間以上空けるようにしてください。

1回の最大用量は20mgまでです。

たくさん飲んでも効果の強さは同じです。副作用を強く引き出してしまうことがあるので摂取量を守って服用してください。

はじめから多い成分量で服用してしまうと副作用が強くあらわれてしまう可能性があります。
副作用が心配な方はピルカッターを使ってカットし、少ない成分量から服用を開始してください。

服用方法について詳しくはこちら

副作用

主な副作用では、ほてり、頭痛、鼻づまり、めまい、視覚障害が報告されています。
これらの症状は薬が作用していることで起こります。

作用が薄れていくと同時に副作用も徐々に落ち着くことがほとんどです。

薬の効果が切れているにもかかわらず、症状が落ち着かない。悪化する。または、4時間以上痛みを伴う勃起が続く(持続勃起症)といった場合は服用を中止し、医師の診察を受けてください。

頭痛、鼻づまりがひどい場合は頭痛薬、鼻炎薬を併用することで症状を軽減することができます。併用による問題は特にありません。

副作用について詳しくはこちら

注意点

・勃起状態にするには性的刺激が必要です。
服用をしても性的な刺激がなければ通常時の状態のままで勃起することはありません。

・エネルギーが800kcal未満の食事であれば影響を受けづらいとされていますが、脂質と相性が悪いため脂質の摂取量によっては効果が出づらい場合があります。

・グレープフルーツ(ジュースも含む)との併用は控えましょう。
薬の血中濃度を高めてしまい効果や副作用を過剰に強めてしまうことがあります。

・飲酒は可能ですが、多量の飲酒は控えましょう。
血管拡張作用によりアルコールの作用を強め、酔いを促進させてしまう恐れがあります。

・カフェインと同時に服用するのはやめましょう。
胃に負担をかけてしまい胃痛が起こる場合があります。

・服用後、一時的にめまいや視覚障害があらわれることがあります。
車の運転や機械の操作、高所で作業を行う際には十分な注意が必要です。

・過去に医薬品を使用し、かゆみ、発疹などのアレルギー症状が出たことがある人は、服用する前に医師に相談をしてください。

注意点について詳しくはこちら

併用禁忌

「ニトログリセリン」「亜硝酸アミル」「硝酸イソソルビド」等を含む降圧剤や遮断剤との併用は禁忌とされています。

また、アミオダロン塩酸塩が成分となる医薬品(抗不整脈薬)や、リオシグアトが成分の医薬品(肺高血圧症薬)も併用禁忌薬です。

併用禁忌について詳しくはこちら

保管方法

・高温多湿を避け、直射日光の当たらない涼しい場所で保管してください。

・子供の手の届かないところに保管してください。

・冷所保存の指示がある場合を除き、室温で保管してください。
結露により性質が変わったりコーティングが溶けてしまうことがあります。

・他の薬と混ぜないように保管してください。
成分が作用し合い、性質が変化したり形状が崩れる可能性があります。

・容器の移し替えはせずそのまま保管してください。
誤飲の原因や性質が変化してしまう可能性があります。どうしてもの場合は飲む分だけを移し替えるようにしてください。

・期限の過ぎた商品の服用、使用はしないでください。