カベルゴリン

カベルゴリン カベルゴリン

カベルゴリンは早漏改善に効果のある医薬品です。本来は早漏症の治療薬ではなく、パーキンソン病や排卵障害、乳汁漏出症などの治療薬として使用されています。カベルゴリンの作用により脳内の興奮状態をコントロールし、射精時間を延長する効果があります。

商品詳細

効果

有効成分のカベルゴリンは、脳のドーパミンを生み出す部分に刺激を与え増量させる作用があり、脳から体への動作の伝達をスムーズにするといった効果があります。
早漏の原因のひとつとされているドーパミン不足を解消するため早漏防止射精後の無気力状態の改善にも効果があります。

特徴

カベルゴリンはサンファーマ社で製造されている主にパーキンソン病の治療に使用される医薬品です。
女性の服用も可能で、排卵障害、乳汁漏出症の治療にも使用されます。

  • カベルゴリンの服用が向いている人
  • ・パーキンソン病を治療したい
  • ・排卵障害、乳汁漏出症を治療したい
  • ・早漏症を治療したい
  • ・射精後の無気力をなくし、すぐにまた性行為をたのしみたい

関連商品

EDと早漏の症状を1錠で改善できる医薬品は下記になります。

服用方法

【パーキンソン病】
1日1回、水またはぬるま湯で服用します。
0.25mgから服用を開始し、2週目からは0.5mgを服用します。
状況をみながら1週間ごとに0.5mgずつ増量し、維持量を定めます。

最大用量は3mgまでです。

症状によって服用方法が異なります。

たくさん飲んでも効果の強さは同じです。副作用を強く引き出してしまうことがあるので摂取量を守って服用してください。

副作用

主な副作用では、吐き気、消化不良、胃の不快感、嘔吐、便秘が報告されています。

作用が薄れていくと同時に副作用も徐々に落ち着くことがほとんどです。

薬の効果が切れているにもかかわらず、症状が落ち着かない。悪化する場合は服用を中止し、医師の診察を受けてください。

注意点

・妊娠の可能性がある、または妊娠中、授乳中の方は使用できません。
・服用後、一時的にめまいや視覚障害があらわれることがあります。車の運転や機械の操作、高所で作業を行う際には十分な注意が必要です。

下記の方は医師に相談のうえ、服用してください。
・カベルゴリンに対してアレルギー症状の既往歴がある人
・重度の肝機能障害がある人
・レイノー病を発症している人
・精神病を発症しているもしくは既往歴がある人
・低血圧症を発症している人
・重度の心血管障害を発症しているもしくは既往歴がある人

併用禁忌

「エリスロマイシン」「クラリス」等を含むマクロライド系抗生物質との併用は禁忌とされています。

また、フェノチアジン系、ブチロフェノン系医薬品(安定剤)や(降圧剤)(高血圧治療)も併用禁忌薬です。

参考サイト:
KEGG DRUG : カベルゴリン

保管方法

・高温多湿を避け、直射日光の当たらない涼しい場所で保管してください。

・子供の手の届かないところに保管してください。

・他の薬と混ぜないように保管してください。
成分が作用し合い、性質が変化したり形状が崩れる可能性があります。

・容器の移し替えはせずそのまま保管してください。
誤飲の原因や性質が変化してしまう可能性があります。どうしてもの場合は飲む分だけを移し替えるようにしてください。

・期限の過ぎた商品の服用、使用はしないでください。