9
HOME 店舗検索 お問合せ サイトマップ

東北/関東/沖縄エリア TOPCoco! 週刊イバラキングバックナンバー2014/3/12

こんにちは。イバラキングです。

3月になりまして、少しずつ暖かくなってきたかと思いきや、強風に見舞われたり、寒さが戻ったりで、春へ一直線とはなかなかいかないようですね(苦笑)。
ただ、昔から「暑さ寒さも彼岸まで」といいますから、寒いの陽気ともあと1週間ほどお別れでしょうか。

そこで、今回は「最後のチャンス!」というわけではありませんが、寒いうちに食べておきたい茨城のご当地鍋を特集したいと思います。


 
●茨城のご当地鍋2014

▼あんこう鍋、どぶ汁(県央・県北の太平洋側)

茨城のご当地鍋といえば、真っ先に思いつくのはあんこう鍋!
「西のふぐ 東のあんこう」とよばれ、冬の魚の代名詞の一つでもあります。

あんこうは見た目こそグロテスクですが、食べてみると淡白でクセがなく、ほんとにおいしいですよね。
「あん肝」をどのくらい使うかによって、味のクセや濃厚さは変わってきますが、「あん肝」の独特でクリーミーな味もたまりません。
ちなみに、「どぶ汁」はあんこう鍋のルーツともいえる食べ方で、まずあん肝から火を通してペースト状にし、そこに野菜やあんこうの身を入れて、最後に味噌を加えます。
水やスープを加えずに、あんこうと野菜の水分だけで作るのが本来の調理法です。

一番おいしい時期は12月〜2月といわれていますが、3月いっぱいまで食べられるところが多いので、あんこうを食べたい方は今のうちに!

 http://www.ibarakiguide.jp/seasons/anko.html

▼しし鍋(石岡市)

石岡市の八郷地区のご当地鍋として知られるのがイノシシの肉を使った「しし鍋」。
最近はジビエ料理がブームですが、茨城のジビエといえばしし鍋でしょう!
なお、ジビエとは、狩猟によって捕獲された野生の鳥獣肉のことです。
ワイルドなお肉ですね。

八郷のしし鍋は、駆除したイノシシをせっかくだからいただいて、ご当地鍋として売り出そうというところからスタートし、今年で7年目となります。
野生のイノシシを食べることに不安がある方もいらっしゃるかもしれませんが、捕獲されたイノシシは全頭検査されていますので安心ですね。

しし鍋は5月31日まで食べられます。

また、八郷には年間を通して食べられる「しゃも鍋」もあります。
こちらは「つくばしゃも」という地鶏を使ったご当地鍋です。

 http://www.shokokai.or.jp/08/0846310000/index.htm#sin53

▼しゃも鍋(大子町)

「しゃも」といえばこちらも黙っていられません!
茨城の地鶏の代表格「奥久慈しゃも」です。
日本三大地鶏ともいわれる奥久慈しゃもは歯ごたえのある締まった肉質が特徴で、低脂肪にも関わらずうまみが強いといわれています。

この奥久慈しゃもを使ったしゃも料理はたくさんあって、食べられるお店も60軒以上ありますが、やはり鍋でいただくなら寒い季節が一番ですね。

 http://www.daigo-kanko.jp/?page_id=78

▼祝い鍋、坂東ねぎスキ(坂東市)

坂東市はネギの産地として知られていて、特産のネギを使った鍋料理があります。
その1つが「祝い鍋」。
旧市名の「岩井」と「お祝い」を兼ねたネーミングですね。
ネギとレタスを使っているのが特徴です。
3月は入学、就職などいろいろお祝いシーズンでもありますから、この機会にいかがですか?

 http://www.city.bando.lg.jp/index.php?code=376

また、ネギを使った鍋料理として「坂東ねぎスキ」というのもありまして、こちらはテレビで紹介されて話題になったそうです。
お店で提供されているという情報はありませんでしが、レシピが掲載されていますので、ねぎ好きの方はねぎスキにチャレンジ!(ダジャレわかりますか?)

 http://www.city.bando.lg.jp/index.php?code=1420

▼白菜キムチ鍋(八千代町)

日本一の白菜の産地として知られる県西の八千代町。
八千代町の白菜は、繊維が柔らかくて甘みがあるのが特徴です
特産の白菜を使ったキムチ鍋でまちおこしが展開されています。

白菜キムチ鍋の提供店は20店近くあります。
それぞれのお店がオリジナルの白菜キムチ鍋を提供しています。

 http://www.yachiyo-town.jp/article/14659269.html

 

それではまた来週!ByeBye〜




★イバラキングの新著『ごじゃっペディア』好評発売中!

>>http://www.ibaraking.com/gojappedia



●「週刊イバラキング」バックナンバー


Copyright (C) 2008 Cocostore Corporation. All Rights Reserved.