9
HOME 店舗検索 お問合せ サイトマップ

東北/関東/沖縄エリア TOPCoco! 週刊イバラキングバックナンバー2013/09/11

みなさん、こんにちは。イバラキングです。

先々週から2週続けて茨城の鉄道について紹介してきましたが、いかがでしたか。
今週も鉄道関連で、ちょっとマニアックに「廃止鉄道路線」を取り上げたいと思います。
いわゆる「廃線」ですね。


●茨城の廃止鉄道路線

※人車軌道(人力による手押軌道)は除きました。

▼鹿島鉄道線

 区間:石岡駅(石岡市)〜鉾田駅(鉾田市)
期間:1924年〜2007年

通称「かしてつ」。
廃線はまだ記憶に新しいですね

鹿島に行っていなかった鹿島鉄道ですが、鹿島を目指してはいました。
鹿島鉄道が行けなかった代わりに鹿島臨海鉄道大洗鹿島線が鹿島に行っていますが、鹿島鉄道の鉾田駅と鹿島臨海鉄道の新鉾田駅は1km以上離れているため、乗り換えする人はほとんどいなかったそうです。

廃線後、石岡駅〜常陸小川駅間はバス専用道路になっています。

▼日立電鉄線

 区間:常北太田駅(常陸太田市)〜鮎川駅(日立市)
期間:1928年〜2005年

常北太田駅で水郡線(常陸太田駅)、大甕駅では常磐線と接続していました。

路線跡の一部は歩道やバス路線(ひたちBRT)に使われています。
また、久慈浜駅の跡地には日立南部図書館ができました。

▼筑波鉄道筑波線

 区間:土浦駅(土浦市)〜岩瀬駅(桜川市)
期間:1918年〜1987年

かつて常磐線と水戸線を結んでいた路線ですね。
途中筑波山(筑波駅)を通っていて、最盛期には急行列車が運行されたり、行楽シーズンに国鉄(現JR)の路線が乗り入れていました。

現在は、ほぼ全線が「つくばりんりんロード」というサイクリングロードになっています。
また、筑波駅は「筑波山口」という名前でバスターミナルになっています。

▼茨城交通茨城線

 区間:赤塚駅(水戸市)〜御前山駅(城里町)
期間:1921年〜1971年

御前山線とも呼ばれていました。
廃線後の路線は道路や宅地に大部分がなってしまったそうですが、城里町に那珂西(なかさい)駅の線路とホーム跡地が残っています。

ちなみに御前山駅は旧御前山村のあった常陸大宮市ではなく城里町になります。
敷設当時は「御前山村」という村の名前は存在しませんでした。
何とも紛らわしいですが、御前山という山があるのは旧御前山村(常陸大宮市)ではなく旧桂村(城里町)の方なんですね。

▼茨城交通水浜線

 区間:上水戸駅(水戸市)〜湊駅(ひたちなか市)、袴塚駅(水戸市)〜谷中駅(水戸市)
期間:1923年〜1966年

水浜線と書いて「すいひん」線と読みます。
水戸の中心部を通ってひたちなか市(旧那珂湊市)まで行っていました。

ちなみに那珂湊という名前は昭和の合併でできた名前で、明治時代は那珂が付いておらず単に「湊村」という名前でした。
地元で那珂湊のことを「湊」というのは、この元々の地名から来ているんでしょうね。

▼常総筑波鉄道鬼怒川線

 区間:大田郷駅(筑西市)〜三所(筑西市)
期間:1923年〜1964年

全部で3駅しかない短い路線ですが、これは鬼怒川の砂利を運ぶ専用路線として作られたためです。
太田郷駅は関東常総線との接続駅です。
その後旅客営業もされました。

▼常南電気鉄道

 区間:土浦駅(土浦市)〜阿見駅(阿見町)
期間:1926年〜1938年

茨城では珍しい路面電車です。
霞ヶ浦海軍航空隊の人員輸送のために作られました。

現在つくば市谷田部地区に電鉄橋という橋がありますが、常南電気鉄道にちなんで付けられたものです。
土浦〜水海道を結ぶ谷田部線が計画され、一部用地も確保されており、その名残りですね。

▼鹿島軌道

 区間:鉾田駅(鉾田市)〜大貫駅(大洗町)
期間:1924年〜1930年

鉾田と大洗を結ぶ短い路線です。
鹿島鉄道と同じで、鹿島を通っていませんね。
でもやはり鹿島までの延伸を目指していたそうです。
他の路線との接続はありませんでした。

 

それではまた来週!ByeBye〜




★イバラキングの新著『ごじゃっペディア』好評発売中!

>>http://www.ibaraking.com/gojappedia



●「週刊イバラキング」バックナンバー


Copyright (C) 2008 Cocostore Corporation. All Rights Reserved.