HOME 店舗検索 お問合せ サイトマップ

東北/関東/沖縄エリア TOPCoco! 週刊イバラキングバックナンバー2013/01/30

こんにちは。イバラキングです。


突然ですが、質問です。
茨城県内で最大、全国でも三番目のエントリー数を誇るマラソン大会は何でしょう?

答えは、「かすみがうらマラソン」です。
今年で23回を迎え、土浦市とかすみがうら市を舞台に約2万5千人ものランナーが走る大会です。
そのマラソン大会に花を添えようと、去年からランナーを応援する面白い企画がはじまりました。

茨城弁かすみがうらマラソン応援川柳=通称「かすマラ川柳」です。
今日はこのかすマラ川柳について紹介したいと思います。

 

●かすマラ川柳2013 〜茨城弁でマラソンランナーを応援すっぺ!

わたくしイバラキングも、かすマラ川柳に深く関わっていまして、実はこの企画はイバラキングとかすみがうら市によるコラボ企画なのです。

どうせやるなら応援する側もされる側も面白くて印象に残るものがいいですよね。
さらに、地元かすみがうら市をPRできれば一石二鳥です。

そこで、茨城弁を使った応援川柳&ふるさと自慢川柳を掲示することを思いつきました。
マラソンには現在どの地点を走っているかがわかる「キロ表示」がつきものですよね。
でもキロ表示だけでは味気ないので、それと一緒に応援メッセージをつけたら面白いと思ったのです。
しかも、そのメッセージが「茨城弁の川柳」だったら・・・
考えただけで楽しくなってきませんか?

茨城弁は文字、特に長文では読みにくいという欠点がありますが、川柳のように5・7・5であれば、文字数も少なくばっちりです。
また、茨城弁を使うことで、茨城の人の温かみ、人情味も伝わりやすいと考えました。

初開催となった去年は、なんと!700件もの川柳が集まり、大会の盛り上げに大いに貢献できたのではないかと思います。

【茨城弁かすみがうらマラソン応援川柳】

2回目となる今年も川柳のルールや応募方法は去年と一緒です。

まず、川柳の条件は以下の2つです。

 (1)マラソンや応援にちなんだ川柳、もしくは、霞ヶ浦周辺の景観や特産品などふるさと自慢川柳

(2)茨城弁を使用すること

そして、応募の方法は4つあります。

 (1)ツイッター: ハッシュタグ「#かすマラ川柳」を付けて投稿

(2)応募フォーム: ↓下記のかすみがうら市のページから応募フォームで投稿

      http://www.city.kasumigaura.ibaraki.jp/index.php?page_id=1352

(3)郵送: かすみがうら市市長公室企画課ふるさと市民事務局 〒315-8512 かすみがうら市上土田461

(4)FAX: 0299-59-2176(同上宛)

注意点ですが・・・

 (1)ツイッターの場合: 必ずハッシュタグ #かすマラ川柳 を付けてツイートしてください。

(2)応募フォーム、郵送、FAXの場合: 氏名(ペンネームを希望される方は別途記載)、住所またはメールアドレスを記載してください。

【去年の優秀作品】

概要は理解できたかと思いますが、実際にどんな川柳を作ればよいのかイメージが沸かない方もいらっしゃるでしょう。
参考までに去年の優秀作品を紹介してみたいと思います。

▼最優秀賞

 「まだだっぺ? おめーの奇跡は こっからだ!

▼優秀賞

 「うまかっぺ ここの空気は ビタミン剤

 「湖山の地 わげしもとしょりも 走る春

 「よぐ見でげ 日本一の 蓮のさと

▼審査員特別賞

 「よぐきたな かあちゃんみんなで まってだよ」

ぜひみなさんも投稿してみてくださいね!

 

それではまた来週!ByeBye〜



★イバラキングの新著『ごじゃっペディア』好評発売中!

>>http://www.ibaraking.com/gojappedia



●「週刊イバラキング」バックナンバー


Copyright (C) 2008 Cocostore Corporation. All Rights Reserved.