HOME 店舗検索 お問合せ サイトマップ

東北/関東/沖縄エリア TOPCoco! 週刊イバラキングバックナンバー2012/12/12

こんにちは。イバラキングです。

今月はクリスマスイルミネーションやクリスマスイベントを紹介してきましたが、クリスマスの次は年末年始ですね。
「もう年末年始?」と思われた方・・・あと半月ですから、あっという間ですって。

今週は「先取り」といいますか、ある意味「先走り」感満載で(笑)、茨城の初日の出スポットを紹介します。

 

●茨城の初日の出スポット2012〜2013

【茨城は初日の出スポットの宝庫!?】

初日の出スポットに関しては、毎年のように紹介してきておりますが、茨城は初日の出スポットが結構多いんですよ。
例えば、去年は20ヶ所弱のスポットを紹介しました。

茨城はあまり高い山がないので、ちょっと意外に思えるかもしれません。
でも実は平地だからこそ、ちょっと高いところに行けば、すぐに初日の出が見られるわけなのです。
さらに、茨城には海があり、しかも、海岸線が南北に長い!
ということは、海岸から昇ってくる初日の出を見られる場所もたくさんあるということです。

今回は20か所ほどの代表的スポットを海岸と高所(山、建物など)に分け、その中から厳選して紹介します。

【海岸の初日の出スポット】

▼五浦海岸(北茨城市)

茨城最北端の初日の出スポットを紹介しないわけにはいきません。
日本の渚100選に選ばれ、茨城を代表する景勝地でもあります。
今年は「六角堂」も再建されましたね。

 http://www.city-kitaibaraki.jp/modules/sight/index.php?content_id=20

▼波崎海岸(神栖市)

最北端の次は最南端で(笑)。
五浦は断崖絶壁ですが、こちらは砂浜です。
おとなり千葉県銚子市の犬吠埼が有名ですが、距離的に近いのでほぼ同じ時間に見ることができますよ。

 http://www.kamisu-kanko.jp/kaisuiyoku/index.html

▼大洗海岸(大洗町)

茨城の海の代名詞である大洗。
大洗磯前神社の鳥居が海岸の岩場にあります。
鳥居の中を初日の出が昇っていく様子は神々しさがあるでしょうね。
磯前神社で初詣もしましょう。

 http://oarai-isosakijinja.or.jp/

▼阿字ヶ浦(ひたちなか市)

大洗と並んで有名な海岸です。
阿字ヶ浦へは車でなく電車を使って行ってみてはいかがでしょう?
ひたちなか海浜鉄道の初日の出・初詣列車『急行あじがうら号2013』が運行されます。
http://www.hitachinaka-rail.co.jp/blog/2012/10/16/1408.html
初日の出を見た後は、磯崎駅で下車して、酒列磯前神社で初詣を。

 http://www.hitachinaka-rail.co.jp/station/ajigaura.html

【高所(山、建物)の初日の出スポット】

▼筑波山(つくば市)

茨城の山といえば筑波山。
実は茨城で最も早く「初日の出」を見ることができるんです。
内陸部に位置していますが、山なので高さがあるぶん、早く見えるということなんでしょうね。
年末年始はロープウェイとケーブルカーも早朝から運行しています。
中腹の筑波山神社で初詣もできますね。

 http://www.mt-tsukuba.com/?p=3139

▼八溝山(大子町)

茨城で最も高い山である八溝山。
五浦を茨城最北端と書きましたが、正確にはこちらの方が北にあります。
栃木や福島との県境です。
山頂に展望台があるので、そこから初日の出を見られます。
なお、山頂には車で行くことができます。

 http://www.town.daigo.ibaraki.jp/index.php?code=5

▼愛宕山、あたご天狗の森スカイロッジ(笠間市)

天狗伝説で知られる岩間地区の山です。
山頂には愛宕神社があります。
スカイロッジは山頂近くにある宿泊施設で、「スカイロッジ」の名のとおり、空に浮かんだロッジのような感覚です。
標高は300mほどですが、これより東には山がなく、太平洋を一望することができます。

 http://www.kasama-kankou.jp/atago_skylodge/

▼茨城県庁(水戸市)

茨城で最も高いビルです。
県庁舎25階展望ロビーは、元旦の午前5時30分から特別開放されます。
高さは約108メートルあります。

 http://www.pref.ibaraki.jp/topics/event/20121130_01/

▼霞ヶ浦ふれあいランド(行方市)

シンボルである虹の塔が6時から特別開館します。
高さは約60mですが、周りに遮る建物がないので見晴らしは快適ですよ。
入場料が大人300円、小人150円かかります。

 http://www.city.namegata.ibaraki.jp/index.php?code=682

 

それではまた来週!ByeBye〜



★イバラキングの新著『ごじゃっペディア』好評発売中!

>>http://www.ibaraking.com/gojappedia



●「週刊イバラキング」バックナンバー


Copyright (C) 2008 Cocostore Corporation. All Rights Reserved.