HOME 店舗検索 お問合せ サイトマップ

東北/関東/沖縄エリア TOPCoco! 週刊イバラキングバックナンバー2012/10/10

こんにちは。イバラキングです。


突然ですが、私は「生き物」が大好きで、子供の頃はいろいろな昆虫や小動物を飼っていました。
これはいわゆるペットを飼うのと違って、自分で捕ってくるのがポイントなんですね。
「飼うよろこび」だけでなく、「捕まえるよろこび」というのもかなり大きな比重を占めていました。
ですから、珍しい生き物を発見したときの興奮といったら、それはもう言葉では言い表せないほどでしたね。

…で、なんでそんな話をしたかといいますと、このたび茨城県でとても珍しいクワガタが発見されたんです。
そのクワガタ、なんと「頭部がオス」で、「体がメス」なんです。
染色体異常が原因でないかといわれていますが、そんなことってあるんですねぇ。
でもさすがに私は気づかなかったでしょうね。
頭がオスの大きさで、体がメスの大きさだったら、バランスが悪いのですぐ気づくでしょうが、クワガタの特徴って頭のツノの部分にあるわけで、「体がメス」といわれてもピンときませんからねぇ。

それにしても、これを最初に発見した人はさぞかし興奮したでしょう。
生きた状態での発見ですからね。
竜ケ崎一高の生徒だそうですが、よく気づいたなぁ…すごいですよ!!

さて、今週はちょっと季節外れではありますが、世紀の発見にちなんで、クワガタの話題でいってみましょう。
茨城ではクワガタやカブトムシをオニムシと呼んだりしますが、オニムシの種類によってさらにいろんな呼び名があるんですよ。
今日はその一部を紹介したいと思います。

 

●オニムシの呼び名あれこれ

▼ノコギリクワガタ

最もポピュラーであり、日本のクワガタの代名詞的な存在ですね。

【呼び方】
のこ(のご)、のこくわ、のこぎり、のこぎりくわ、ひめのこ、あいのこ、くわ、やいば、なた(なだ)、なたっぱ、きんば(金歯)、うし(牛)、くま(熊)、鬼歯、鬼くわ、喧嘩、角曲がり、らんけい(らんけ)、牛赤、わげし、朝鮮くわがた、ジャガー、にんじん、バル、あごは、がざみ、ざくろ、赤金、あかね、赤まん、殺し屋、みつば、こじれ、たけくわがた、ビーバー

ノコギリクワガタの名前の由来である「のこぎり」から派生した呼び名が多いですね。
また、ポピュラーな種類だけあって、色が赤っぽいものや大きさ(小型・中型)によって呼び名を区別する場合もあるようです。
今回掲載した呼び名はこのノコギリクワガタに限らず、どの程度一般化した名称かは全くの不明ですが、クラスの誰かが付けた名前が流行って定着した…なんてケースもあるんでしょうね(笑)。
「ジャガー」や「殺し屋」など、いかにも子どもが考えたような名前があって、楽しいですね。

▼コクワガタ、ヒラタクワガタ

これらもポピュラーのクワガタですが、コクワガタとヒラタクワガタの呼び名を区別しない場合もあるので、一緒に紹介します。
ちなみに私もこの2種は呼び名の区別がありませんでした。

【呼び方】
こくわ、なた(なだ)、なたっぱ、なたっこ、牛、うしっぱ、ぺったら、ひらった、きゅう、V、Vのこ、いっぽん、はさみ

略称である「こくわ」が多いようですね。
また、ノコギリクワガタで使われている名称もかなり混ざっていまして、例えば「なた」のようなツノの形状から「なた」という呼び名が付けられたと思いますが、ノコギリクワガタを「なた」に見えるのか、コクワガタの形状が「なた」に見えるかは個人差・地域差があるということなんでしょうね。

▼ミヤマクワガタ

私の住む地域ではミヤマクワガタを持っていたらヒーローです(笑)。
というか、基本的に近所では生息していない種類だったので、どこかに捕りに行くか、お金を出して買うしかありませんでした。

【呼び名】
みやま、みやくわ、のこっぱ、じじい、兵隊、箱しょい、まんくそ

やはり棲んでいるエリアが限られるので呼び名も少ないですね。
その中で「箱しょい」という名前が気になりました(笑)。
頭部の形状が、箱を背負って(しょって)いるように見えるからでしょうね。

▼クワガタのメス

ノコギリクワガタであってもコクワガタでもあっても、メスの呼び名は区別がないのが一般的です。
はっきりいってクワガタのメスは人気がありません。
クワガタがクワガタであるための特徴であるツノがない(小さい)わけですから仕方ありませんね。
よって、呼び名も微妙です(笑)。

【呼び名】
豚(ぶた)、ばば、ばばあ、ばばっちょ、ばばちこ、ばばたん、ぶたメス、メスぶた、ぶたっぱ、ぶーこ、メス、メスくわ、のこメス、まめ、まめたん、だん、べご、マーブル、丸太、じゃんまる、ぶーたん、ぶーちん、姫嬢、おたま、爆弾

大別すると「豚」系と「ばば」系に分かれますね。
それにしてもほとんどが微妙な呼び名です。
「ぶたメス」とか「メスぶた」とか、なんかもうすごい世界です(笑)。

 

それではまた来週!ByeBye〜

 


★イバラキングの新著『ごじゃっペディア』好評発売中!

>>http://www.ibaraking.com/gojappedia



●「週刊イバラキング」バックナンバー


Copyright (C) 2008 Cocostore Corporation. All Rights Reserved.