HOME 店舗検索 お問合せ サイトマップ

東北/関東/沖縄エリア TOPCoco! 週刊イバラキングバックナンバー2012/3/7

こんにちは。イバラキングです。

突然ですが、みなさんは「ご当地検定」というのをご存知でしょうか?
今から10年前ほど前から始まり、京都のご当地検定などは、かなり話題になりましたよね。

最近、行方市に「なめがた検定」があることを知り、そういえば茨城では他にどんな検定があるのだろう?と気になって調べてみました。

というわけで、今週は「茨城のご当地検定」をご紹介!

 

●茨城のご当地検定

▼弐湖の国 なめがた検定

県内では最も新しいご当地検定です。
検定はWebのみとなっており、会員登録して検定を受けるシステムとなっています。
「なめがた野菜検定」や「なめがたスポット検定」など、現在5種類の検定があります。
検定に合格すると検定合格証が発行されるそうですが、系統としては「気軽にチャレンジ」的なノリですね。

 http://www.namekan.jp/kentei/

▼ふるさと日立検定

茨城のご当地検定として私が真っ先に思い浮かんだのは、日立市の「ふるさと日立検定」です。
公式テキストブックが出ていたり、セミナーを開催したりと、かなり本格的な検定ですね。
ちなみにテキストは現在品切れ中とありますが、中級編というのも出ていて、こちらは販売されています。

第1回目の検定が行われたのが2008年で、現在までに3回の検定試験が行われています。
なお、第4回の検定は今年の11月頃行われるそうです。

 http://www.hitachicci.or.jp/hitachikentei/

▼水戸検定

日立と同じく水戸のご当地検定もかなり本格的です。
第1回が開催されたのがやはり2008年。
すでに4回の検定が行われています。

第4回から3つのカテゴリーに分かれ、現在、マイスターが最上級のようです。

1)水戸検定一般: 例年行われている検定で、高校生以上が対象。
2)水戸検定マイスター: 昨年までの水戸検定二級以上認定者で高校生以上の上級者対象。
3)みとっぽ水戸検定: 小学4年生から中学3年生対象。

公式サイトには「プチ水戸検定」というのがあって、試しにやってみましたが、かなり難しかったです。
私は「そここそ水戸通」でした。

 http://www.mitokentei.com/

▼霞ヶ浦検定

社団法人霞ヶ浦市民協会が主催する「霞ヶ浦」の検定です。
これまでに3回開催されています。
初級、3級、2級、1級とあり、1級は「博士コース」とありますので、かなり難しいんでしょうね。
試しにサイトに掲載されている初級問題5問をやってみましたが、初級でも間違えました(苦笑)。

 http://www.kasumigaura.com/kentei/syusai.html

▼「土浦まち歩き学」学士認定試験

名前からしてちゃんとした感じの試験ですね。
この試験は土浦市観光協会が主催するもので、土浦に関する問題が他分野にわたって出題されるそうです。
「土浦まち歩き学ガイドブック」が参考書的な扱いとなっています。
なお、学士の他に「修士」というのもあります。
第2回の学士認定試験、第1回の修士認定試験は先月開催されたばかりのようですよ。

こちらもサイトにあるチャレンジ問題を解いてみましたが、やはり難しかったです。

 http://tutiura.727.net/machiarukigaku/index.html

今回、5つのご当地検定を紹介しましたが、テスト問題があるものをためしに受けてみてわかったのは、どれもちゃんと勉強しないとできないということです。
私は茨城に関してはそれなりに知識があると自負していますが、ちょっと「ものしり」レベルでは通用しないことがわかりました(笑)。
ただ、あえて一つ苦言を呈するなら、「数字」を当てる問題は、はっきりいって面白くないので減らした方がいいですよ。

 

それではまた来週〜 Bye Bye!



★イバラキングの新著『ごじゃっペディア』好評発売中!

>>http://www.ibaraking.com/gojappedia



●「週刊イバラキング」バックナンバー


Copyright (C) 2008 Cocostore Corporation. All Rights Reserved.