HOME 店舗検索 お問合せ サイトマップ

東北/関東/沖縄エリア TOPCoco! 週刊イバラキングバックナンバー2009/06/24

こんにちは。イバラキングです。

先日、はじめて「土浦イオン」に行きました。
混んでいるとは聞いていましたが、雨天にも関わらず、どこから集まってきたのだろうと思われるくらいの人で店内は込み合っていました。
土浦の駅ビルも「ペルチ土浦」としてリニューアルオープンすることが発表されましたが、こちらも頑張ってほしいですね。

今週は茨城県内の「人」に関するデータをいくつか紹介してみたいと思います。

●データでみる茨城

▼茨城の人口

茨城県はよく人口300万といわれますが、実際は300万人を切っています。
常住人口調査によると、今年1月1日付の茨城県の人口は296万8345人でした。
しかも、5年連続で人口は減少しています。

普段つくば周辺に行くことが多い私にとっては、人口が増えているイメージの方が強いのですが、県全体で見るとむしろ減っているんですね。

ではどこが増えてどこが減っているかといいますと・・・

【人口が増えている市町村】
@つくば市 A守谷市 B牛久市

【人口が減っている市町村】
@日立市 A筑西市 B常陸太田市

【人口の増加率が高かった市町村】
@守谷市 Aつくばみらい市 B牛久市

【人口の減少率が高かった市町村】
@大子町 A河内町 B城里町

このデータからわかるのは県南で人口が増加していること。
しかも、新しく街が作られている場所であることがわかります。

つくばはTX沿線の研究学園地区などどんどん家が建っていますし、つくばみらい市のみらい平駅周辺エリアや守谷もそうですね。
牛久市は常磐線沿線ですが、ひたち野うしく駅周辺の開発が大きいのでしょう。

人口の減少率に関しては予想どおりですが、人口が減っている市町村は何だかちょっと意外な気もしました。
日立や筑西といえば、それぞれ県北と県西の中心的な市町村(だったの)ですが、人口が減っているんですね。

▼茨城の観光

2008年度の県内の観光客数は前年と比べ101万人増えて、過去最高の4788万人を記録しました。
観光では他県に遅れをとっている感のある茨城ですが、順調に伸びてきているのですね。

好調の原因は、まず、北関東道の開通とETC割引が考えられますかね。
あとは、袋田の滝の「新観瀑台」も大きいようです。
実際に袋田の滝の観光客数は前年度の64万人から24万人も増えて88万人になりました。

【観光客が多かった市町村】
@大洗町 A水戸市 Bつくば市 C笠間市 Dひたちなか市

なんとなく県北が強いのかなと思いましたが、県央が頑張っていますね。
これは県北よりもアクセスがいいことも関係しているのでしょう。
県南では唯一つくばがランクインしています。

県外からの観光客は順調に増えていますが、今年は「あみプレミアムアウトレット」のオープンが控えているので、さらに県外からの観光客が増えそうです。

▼茨城の交通事故

最後にあまり見たくないデータの紹介です。
今年1月から5月にかけての人口10万人当たりの交通事故死者数で茨城がワースト1になってしまったそうです。

茨城は車の所有率が高いからとか、道路の長さが北海道に次いで2番目であるからとか、またはヤンキーが多いからだとか(笑)、いろいろ言われますけど、とりあえず誰でも手っ取り早くできるのは「安全運転」をこころがけることですよね。

それではまた来週!ByeBye〜




★イバラキング特製「茨城弁Tシャツ」好評発売中!!
http://www.ibaraking.com/shop/



●「週刊イバラキング」バックナンバー


Copyright (C) 2008 Cocostore Corporation. All Rights Reserved.