ED治療薬局 TOP > メーカー一覧 > アストラゼネカ

アストラゼネカ

アストラゼネカ社の概要

アストラゼネカ
企業名 AstraZeneca
本拠地 イギリス:ケンブリッジ
創業年 1974年
創業者 パスカル・ソリオ
主力商品 医薬品
公式HP https://www.astrazeneca.co.jp/

アストラゼネカ社はイギリスのケンブリッジの中心部に本拠地を置き「糖尿病」「乳癌の治療」「高血圧症」「気管支喘息」の領域を先導している製薬会社です。

事業拠点は100ヶ国以上になり従業員も6万人近くいます。

1974年に「アイ・シー・アイファーマ(後にゼネカ)株式会社」を設立し、翌年に「藤沢アストラ株式会社」を設立しました。2000年にアストラとゼネカが合併しアストラゼネカ社が誕生しました。

アストラゼネカ社は患者さんの健康を守り人々の人生を変えるような医薬品を届けたという思いを大切に医薬品を開発しています。高い基準の論理観や誠実さを守り革新的な研究、開発、製造を行っています。そのため製品に対し「安全」「品質の管理」「有効性」「規則」を守り提供しています。

日本の医療現場では局部麻酔として、海外では早漏防止薬として使用されているのがアストラゼネカ社が開発した「キシロカインゼリー」です。胃カメラを飲む際にも使用されているほど有名な医薬品です。

アストラゼネカ社の製品の体験談・口コミ

アストラゼネカ社の製品に関する体験談や口コミをご紹介します。

40代男性(キシロカインゼリー)

最近すぐに射精してしまう私。昔はこんな事なかったんですけどね。本当にここ最近酷くて。早漏を治すには薬か塗るタイプかどちらかしかないと知って迷わず塗る方にしました。自分で塗る量とかも調節できますしね。でも塗りすぎると大変なことになるみたいなのでそこは気をつけなければいけません。いつものSEXの時より確実にペニスの反応が鈍くなるので、ペニスが敏感に反応してしまう人にはぴったりの薬と言えるのではないでしょうか。私は使いはじめてからだいぶ助けられています。自分が早漏だって事を忘れさせてくれますし嫁も少しでも長いSEXの方が嬉しいようです。やはり自分だけが満足して終わるのはよくないですね。おかげさまで嫁との愛が深まりました。

30代男性(キシロカインゼリー)

30代にして最近まで童貞でした。やっと彼女が出来たかと思ったらまさかの問題発生。性行為が初めてだったのもあり緊張しすぎてしまったのと敏感に反応しすぎてしまう私のペニス。心の中でもう少し頑張ってくれと思っていても自分の意思とは逆にすぐに射精してしまいました。その後なんどか試してみましたがやはりうまくコントロールできません。しまいのは彼女に呆れられて別れてしまいました。世の中の女性の皆さん。早漏の男性はやはり嫌ですか?嫌なら必死で治します!新しい彼女ができるまでにキシロカインゼリーを使ってよくなるようにと願いを込めています。今のところ風俗でしか効果を確かめられませんがなんどか使用しています。まだまだ射精までの時間は他の人と比べ早いかもしれませんが少しずつ伸びています。途中一旦休める事で更に時間が延びるので同じ悩みがある人にはぜひ使ってもらいたいです。

20代男性(キシロカインゼリー)

いつもは2分持たないくらいで僕が先に射精してしまい彼女をおいてけぼりにしています。特に文句とかは言われないけど、なんだか毎回寂しそうな表情をしています。僕は満足しているんですけどね。このままでは違う男性を求めて浮気とかしちゃうんじゃないかと不安で初めてジェルを使ってみました。正直どんな感じになるのか想像できなくてハラハラしましたが、1度使うとクセになりました。塗った後に自分で触ってみてもなんだか感覚なくて不思議な気持ちになりました。今回試してみて1番の驚きは挿入後本当に感覚がなかったことですね。何回出し入れしてもまだまだ余裕でした。久々に彼女の満足そうな顔がみれて嬉しかったです。早漏が直るまでお世話になろっかなって感じですね。

アストラゼネカ社の関連商品

アストラゼネカ社では以下の製品が製造販売されています。

  • キシロカインゼリー

    キシロカインゼリー

    キシロカインゼリーは塗布した部分にだけ作用するジェルタイプの局部麻酔薬です。ジェルのため皮膚からの吸収が早く即効性もあり性行為の直前に塗布することですぐに感度が鈍くなります。亀頭や陰茎部に塗布することで一時的に麻痺させ、射精までの時間を延長させますので早漏防止薬として使用されています。少しずつ射精までの時間を伸ばすことで性行為に対し自信がつき、早漏の症状を改善していきます。