ルピン

ルピン社の概要

ルピン
企業名 Lupin Ltd
本拠地 インド合衆国:ムンバイ
創業年 1968年
創業者 デシュ・バンドゥ・グプタ
主力商品 医薬品
公式HP http://www.lupin.com

ルピン社はジェネリック医薬品の激戦区であるインドに本社を置く製薬会社です。日本国内では共和薬品工業が傘下にあり、米国、英国など様々な国に子会社を持つ大手企業でもあります。製薬工場と研究所はすべてインド国内にあり、全部で20ヶ所あります(2016年時点)。世界第7位の規模をもっており、研究員は2016年時点で1,700人以上在籍、アメリカ、EU、オーストラリアなど100ヶ国以上の国々に製品を提供しています。

ルピンで製造されるジェネリック医薬品はコスト削減能力にとても優れているため、効果の高い薬をより安く提供することを強みにしています。安全性も高くFDAの認可を受けた工場を複数所有しています。

ルピン社ではED治療薬など数多くの製品を製造販売していますが、その中でもCVS(心血管系)、CNS(中枢神経系)等の領域で活躍しています。社名の由来はルピナスの花からきています。ルピナスの花はその性質から土地に栄養を与えることでしられており、栄養の乏しい土地や地域でも育つ強い植物です。

ルピナスはマメ科の植物でありその実や花は長年人々の大切な栄養源として育てられ、生活の基盤を支えてきました。ルピン社は起業家精神、創造と文化の革新、人々の生活を変化させることを常に意識して成長してきた企業です。その理念が不毛な土地を豊かにし、そこに咲く花や実で人々の生活を豊かにするルピナスの性質と合致し、ルピンという社名になりました。

代表的な製品としてバイアグラのジェネリック医薬品であるEnthusia(エンスージア)があります。

ルピン社の製品の体験談・口コミ

ルピン社の製品に関する体験談や口コミをご紹介します。

50代男性(Enthusia:エンスージア)

長年バイアグラを使用してきたのですが、ちょっと冒険してみたいと思い購入してみました。いろんな種類があるバイアグラジェネリックのなかでこの薬を選んだ理由は知人が同じものをつかっていて、使い心地が一番よかったと評判を聞いたからです。そんでもって私は横にも縦にも大柄なので成分量の多いものがほしいと考えていたというのもあります。実際に使ってみた感じですが、可もなく不可もなくというかんじですかね。けど、良く言えば値段はバイアグラの半額以下なのにバイアグラと全然変わらない使い心地です。値段がこんなに違うのに勃起力も十分あるなら断然こっちをつかったほうがお得ですね。3、4回つかっているんですけど4、5時間は余裕で勃起持続できるので平日の夜にパートナーとエッチするときとか翌朝まで引きづらないので結構使い勝手いいです。

30代男性(Enthusia:エンスージア)

現役バリバリで風俗とかいってます。俺の息子も元気でいてくれーと気持では元気づけているのですが年々戦闘力がおちて悲しい気持ちでいっぱいでした。この薬との出会いは、ネット通販ですね。なんとなくネットでみつけてなんとなく買うそんな軽い気持ちでした。当時はED治療薬なんてつかったことなかったのでこんな薬1錠で元気になるのかよと思っていましたが、実戦でつかってみるとめちゃくちゃ元気になってかなりビビりました。なんか気持ち的にも自信がみなぎっちゃって前よりも自信をもってプレーに取り組むことができるようになり、セックスにも集中できるようになりました。硬さと太さが出てきたおかげでテクニックが上がったみたいで、女の子から連絡先をきかれたりもするようになり、初めてのモテキを今経験しています。

ルピン社の関連商品

ルピン社では以下の製品が製造販売されています。

  • Enthusia(エンスージア)

    Enthusia(エンスージア)

    Enthusia(エンスージア)はバイアグラのジェネリック医薬品です。そのため、含まれている成分はシルデナフィルというバイアグラと同じ成分なので、効果は一切変わりません。服用することで、勃起を妨害するPDE-5の働きを抑える作用があります。この作用により、血管が拡張され、男性器の海綿体へ血流が集中しやすい状態にし、勃起不全を改善するのです。服用して約30分で効果を実感することができ、約4~6時間の持続時間とされています。成分量は100mgのみとなっているため、多くの人はピルカッターで半分の50mgにして服用するといった方法を取られています。