ED治療薬局 TOP >ペニス増大サプリメント

ペニス増大サプリメント

ビリリティピルズ ペニス増大サプリメントは男性器のサイズアップを目的とした栄養補助食品です。

ペニス増大サプリメントの一覧

ペニス増大サプリメントとは

ペニス増大サプリメントとは男性器の太さ、硬さ、長さを高めることに期待ができる男性器に有用な成分を多く配合している栄養補助食品です。

男性機能を高める成分を効率よく摂取することによって、男性器のサイズ、サイズにおける悩みを改善します。男性器の成長は普通の身体の成長と同じように、成長ホルモンの量が多ければ多いほどサイズも大きくなるといわれています。

成長ホルモンを増加させるには適度な運動、睡眠、バランスのとれた食事、ストレスレスな生活を送る事が重要だといわれています。それにプラスしてペニス増大サプリメントを活用すればより簡単に成長ホルモンを増加させることができます。

それ以外に勃起を長く維持する持久力に必要な成分や、硬さや太さを高めるために必要な血液を男性器へ集中させる成分などが含まれているので継続して飲み続けることで成長期を過ぎたあとでも効果に期待がもてるとされています。

ペニス増大サプリの成分

ペニス増大サプリによく使用されている代表的な成分とその成分の効果について。

亜鉛

精子の増加が見込める成分です。
精子が増加することにより射精時のオーガニズムをより高めることができます。サイズアップにも期待がもてます。

アルギニン

アミノ酸の一種です。
アルギニンは男性器の長さを出すのに大切な成長ホルモンや男性ホルモン(テストステロン)の増加を手助けする役割があります。テストステロンは海綿体の神経へより大きく勃起するように信号を送る役目をもった成分です。
それが増加することにより、より強く信号を受け取り硬さや太さを高めることができます。その他にも血流促進効果があり、この作用も男性器増大に大きく関係しています。

イチョウ葉

名前の通り銀杏の葉からとった成分です。
中国では幾千年も前から咳止めの薬として使用されていた成分であり、1950年からはヨーロッパでも活発に研究された有用成分になります。
勃起力に必要な血流改善のほかにも、集中力を上げたり、記憶力を向上させたりするのに有効な成分だといわれています。

シトルリン

アミノ酸の一種です。
筋肉増強剤にも使用されている成分であり、強い勃起力に必要な一酸化窒素を増加、安定した供給を促します。
一酸化窒素が増加することにより、血管の拡張を促す成分cGMPが増加、血流が海綿体へ集中しやすくなり勃起力を高めることができます。

ダミアナ

トルネラ科の植物であり、メキシコ、テキサス、中央アフリカなどに生息しています。
性機能を高め、同時に性欲などを高める媚薬のような作用がある成分だとも言われています。その他にもうつ病や神経衰弱の改善にも効果があるといわれてます。

トンカットアリ

ニガキ科の植物になり、マレーシアやスマトラ島、インドシナ半島など温暖な地域に生息しています。
一部の地域では根っ子を煎じて精力剤や滋養強壮剤として使用されています。中には亜鉛もふくまれており精子を増加させる作用ももっています。

ノコギリヤシ

発毛効果もあるヤシ科の植物です。
アメリカの先住民の間では身体全体の機能を高める成分として使用されていた古くから信頼度の高い成分になります。
ノコギリヤシの中にはクタコサノールやβシトステロールなどが配合されており、我慢強い勃起力を実現するために必要な持久力などをおぎなってくれます。

ホーニーゴートウィード

ED治療薬の代用成分としても使用されている成分です。
メギ科の植物で古代中国ではひつじがこれを食べて精力絶倫になったという伝説があるぐらい男性機能を高める効果の高い成分です。

マカ

アンデス高原の寒暖差の激しい地域に生息しており、過酷な環境で育つために大量の栄養分を蓄えている植物です。
マカを育てた大地ではしばらく他の作物は育たないほどといわれているくらいに大地の栄養を吸収する能力がとても高く、その大量の栄養素のなかにはは精力増強、性欲増幅、滋養強壮に効果のある成分が豊富に含まれています。
男性機能を高めるのと同時に勃起力を高めることができる成分です。

リジン

人間の体内で作り出すことができない必須アミノ酸の一種です。
リジンには強い疲労回復作用があり、疲れにくい体を作り出すうえでは大事な成分になります。
疲れにくい体を手に入れることによって、勃起の持続時間を延長したり、硬さや太さを高めることが可能です。

ペニス増大サプリの効果と特徴

男性器を増大する成分がどのように作用するのかを説明すると3つの要素に分けることができます。

1つ目は血流を改善し、男性器へ血液が流入しやすい状態にする作用です。硬さや太さを高めるには男性器への血流の集中が必要不可欠になります。集中することにより硬さや太さを高めることができます。

2つ目は成長ホルモンの増加を手助けする作用です。成長ホルモンは体の成長やスタミナを形成するホルモンであり、体を作り出すうえで重要なホルモンになります。このホルモンが増加することによって海綿体が成長し、長さを高めることができます。

3つ目は勃起力の持久力向上です。滋養強壮剤にも使用されている成分が配合されているため、身体自体を元気にする作用があり、それにより勃起の持続時間を延ばすことができます。持続時間が延長されるとより股間へ血液が集中しやすくなり、勃起力をより高めることができます。

ゆっくりと成分を体内に取り込むため薬で無理やりといった感じにならず、自然な勃起とサイズアップを見込めるため根底から改善したいという人、また医薬品において副作用が心配だという人にはペニス増大サプリメントの服用がおすすめです。

ペニス増大サプリがおすすめな人

医薬品ではなくペニス増大サプリがおすすめな人は以下の特徴がある人です。

  • ・ED治療薬に頼りたくない
  • ・自然な力で治療したい
  • ・身体の根本から治療したい
  • ・ED治療薬の成分に過敏症状がある(アレルギーなどの体調不良を生じやすい)
  • ・ED治療薬と併用してもっと勃起力を高めたい
  • ・ED治療薬との併用禁忌薬を使用している
  • ・医薬品を使うのが不安

ペニス増大サプリの飲み方

ペニス増大サプリの飲み方は商品によって異なります。飲むサプリメントの指示に従って飲むようにしましょう。

基本的には水、またはぬるま湯で飲むようにします。コーヒーや緑茶などカフェインやカテキンが配合されている飲み物と一緒に飲むと効果が弱まってしまうことがあります。

ペニス増大サプリの飲み方で最も重要なことは継続して飲むという事です。毎日少しずつペニスへのアプローチを続けることで勃起力の改善やサイズアップといった効果が期待できます。数日使用しただけでは確かな効果を実感することは難しいため、最低でも3ヶ月飲み続けることが必要です。

アルギニンやシトルリンのようなアミノ酸が配合されている場合、食事と一緒に摂らない方がよいとされているため、効果的な飲み方の目安は食事の約30分前もしくは食後の約2~3時間後となっています。野菜や肉、魚などのタンパク質の吸収が優先されてしまい、アミノ酸の吸収を妨げてしまうからだとされています。

ペニス増大サプリの副作用

ペニス増大サプリはすべて天然由来の成分でできています。健康補助食品ですので、医薬品とは異なり副作用などもほとんどなく他の薬との飲み合わせも気にする必要がありません。

ただし、成分にたいしてアレルギーが出てしまうといった場合があるので、アレルギーをお持ちの人が飲む際は含有成分をしっかりと確認し、安全であるかどうかをお確かめのうえで飲むようにしましょう。

残念ながらこういったサプリメントには偽物や悪質なサプリメントが存在するため、そういったもののなかには天然由来の成分でないものや医薬成分が配合されている場合があります。

そういったものは違法サプリメントになり、危険を伴う可能性があるため必ずFDAなどの認可を受けた安全性が保障されているものを使用しましょう。

ペニス増大サプリの保管方法

ペニス増大サプリメントの保管方法は、高温多湿を避け、なおかつ子供やペットなど手の届かない場所での保管です。

保管場所に向いていない場所は以下の通りになります。

  • ・キッチンや洗面所などの水場
  • ・電子レンジやテレビ、暖房器具などの電化製品の近く
  • ・気温が上昇しやすい車内
  • ・直射日光が当たる
  • ・子供やペットの手の届きやすい場所

こういった場所で保管すると溶けてしまったり、形状が変わる、性質が変わってしまう、劣化してしまうといったことがあるので注意して保管するようにしましょう。

すべて天然由来の成分になるため、子供が摂取しても医薬品と比較すると危険性は低いです。とはいえ安全性の保障がされているわけではなく危険です。子供の手の届かない高い場所や、鍵のかかった場所などで保管するようにしましょう。

外出時に携帯する場合は使用分だけをピルケースなどに入れて持ち歩くのがおすすめします。長期間の保管には向いていませんが、2~3日程度であれば簡単に持ち歩けますし飲み忘れを防ぐこともできます。

賞味期限について

ペニス増大サプリは食品と同様に賞味期限があります。商品によって賞味期限の設定は異なりますが、大半は約2年間です。

賞味期限はボトルのラベル、ボトル本体に刻印されていたり、箱などに記載されています。賞味期限は「定められた方法により保存した場合において、期待されるすべての品質の保持が十分に可能であると認められる期限を示す年月」と定義されています。

期限以内であっても開封すればどんどん成分は劣化していくため、なるべく服用期間を空けずに定期的に摂取して早めに使い切るようにしましょう。

賞味期限が切れたものはおもわぬ体調不良を招く恐れもあるため、絶対に使用せず、また誤飲を防ぐ為にもすぐに捨ててしまうようにしましょう。