• スペマンの通販
上へ戻る

ザイデナのジェネリック

ザイデナは主成分にウデナフィルを含めており、アジア人に向いているED治療薬として人気の薬です。ED治療薬局ではザイデナのジェネリック医薬品を販売しています。ザイデナは取り扱っている通販サイトが少ないので、気になる人は無くならないうちにお早めの購入が良いでしょう。

ザイデナのジェネリック売れ筋ランキング

ザイデナのジェネリック一覧

  • ズデナはED治療薬の「ザイデナ」のジェネリック医薬品です。有効成分のウデナフィルが勃起不全、中折れ症状を改善します。効果の持続時間は約11時間~13時間です。副作用も少なく安全に使用ができると人気があります。当サイトでは100mgの購入が可能です。

    在庫あり
    (0件)

    1錠432円~

  • ED5種お試しセットは「シアスマ」「レビスマ」「バイスマ」「ドラスマ」「ズデナ」の5種類のジェネリック医薬品が少しずつお試しできるセット商品です。初めての人や状況に応じて使い分けたい人に人気の商品です。

    在庫あり
    (0件)

    1錠450円~

  • ピルカッターは錠剤をカットするための器具です。成分量の多い海外医薬品や、大きくて飲みにくい錠剤を半分や4分の1にきれいにカットして服用しやすくするために使用します。服用しない薬を入れておくピルケースとしても利用することができるため、利便性の高い器具となります。

    在庫あり
    (0件)

    1個880円~

閲覧履歴

閲覧履歴

ザイデナとは

ザイデナとは

ザイデナは韓国にある東亜(トンア)製薬が製造・販売する錠剤タイプのED治療薬です。

2005年に認可され販売が開始されてからは韓国だけでなくフィリピンやロシアなど約30ヶ国以上で取り扱われていますが、残念ながら日本やアメリカなどではまだ未承認の薬となっています。
2012年に日本の明治製菓ファルマが有効成分であるウデナフィルの日本における独占開発・販売権を取得し新しい薬の開発に取り組みましたが2016年、臨床試験の結果から開発の中止が発表され、ウデナフィルの日本での承認は遠いものとなってしまいました。

ザイデナは韓国で作られているため、アジア人に向いているED治療薬としてアジア各国でとても人気があり、同じアジア人である日本人にも合っているといわれているにも関わらず、取り扱っている通販サイトなどもまだまだ少なく手に入りづらいといった現状があります。

ウデナフィルについて

ウデナフィルについて

ザイデナの有効成分であるウデナフィルはバイアグラの有効成分シルデナフィルと似た構造をしています。

勃起をさまたげる酵素であるPDE-5(ホスホジエステラーゼ5)のはたらきを阻害し、血流を陰茎に集中させて力強い勃起を維持させるといった効果があります。

構造は似ていてもバイアグラよりも副作用の少ない成分といわれていて、安全に飲めるバイアグラとして初めてED治療薬を飲むという人に密かに人気のある治療薬です。ウデナフィルはED治療だけでなく前立腺肥大の治療薬としても効果があると認められている成分になります。

ザイデナの効果と特徴

ザイデナはバイアグラの成分と似ているといわれていますが、効果や特徴に関しては全く違うものとなっています。

勃起力に関しては同じように力強い効果を発揮しますが、即効性においてはレビトラやステンドラに近く服用して30分後には効果があらわれます。持続時間においてはシアリスに似ていて約11時間~13時間ほど効果が続きます。見た目はバイアグラの青い色とは違い、黄色い錠剤となっています。

バイアグラと比べると食事の影響は受けづらいとされていますが、レビトラよりも影響を受けてしまうことがあるため、食後に服用する場合は2時間以上間隔を空けて服用することで充分に効果を発揮することができます。

他の海外のED治療薬では効果が強い、合わないといった人が試しやすい薬となっています。ザイデナはED症状の改善、治療を目的とした勃起をサポートする効果のある医薬品です。性欲や精子量のアップ、媚薬といったような効果はありません。

ザイデナの作用機序

ザイデナの作用機序

勃起は性的な刺激を受けると信号が脳へと送られ、そして脳から陰茎に伝わることで、海綿体の平滑筋をゆるめ血流が陰茎に流れ込み維持することで起こります。

勃起した陰茎をおさめるのに必要な酵素がPDE-5です。PDE-5が勃起に必要なcGMP(環状グアノシン-リン酸)を分解すると海綿体の平滑筋が収縮をはじめます。陰茎に集められていた血流が全身へ流れ出すことで勃起がおさまるといった仕組みになっています。

EDはこのPDE-5が過剰に働いてしまっていることで陰茎に血液をとどめられないために引き起こされます。
ザイデナに含まれるウデナフィルにはこのPDE-5のはたらきを抑制する作用があり、cGMPを正常に作用させることで陰茎に血液を送り込みとどめることによって勃起や勃起の維持ができEDの症状を改善することができるといった効果があります。

ザイデナの服用方法

ザイデナは、100mg、200mgの錠剤がありED(勃起不全)の症状に合わせて服用します。

1日1回、性行為の約1時間前に水、またはぬるま湯で服用します。体調や体格によって個人差はありますが服用後、約30分~1時間で効果があらわれます。

1度に服用できる最大量は200mgまでとなっています。最大量を超えた服用は絶対にしないようにしてください。

成分量が多く効果の強い薬です。はじめて使用する人や副作用が気になる人はピルカッターなどでカットして少ない成分量から服用を開始します。効果が弱いと感じたら徐々に成分量を増やしながら自分に合った服用量を見つけます。

服用後、効果が弱いと感じても連続して服用する事はせず、次回の服用まで必ず24時間以上空けるようにしましょう。

ザイデナの副作用

ザイデナの副作用

主な副作用は、ほてり、鼻づまり、頭痛、動悸、眠気、目の充血、消化不良、男性器の痛み、などが報告されています。

症状はバイアグラよりもあらわれづらく軽いといわれていますが医薬品である以上まったくでないといったことはないため、異常を感じた場合はすぐに服用を中止してください。

ごくまれに起こる副作用として「視覚への影響」があります。他にも「眼痛」「結膜炎」「色覚異常」といった症状があり、このような症状が現れた場合には使用を一時中止して医師に相談をしてください。

まれに副作用が重症化するときがあります。重い副作用は以下の通りになります。
・アナフィラキシーショック
・腎機能障害
・肝機能障害
・意識障害
・突発性難聴
・持続勃起症(効果が切れた後でも勃起がおさまらない)

※持続時間が切れてからも4時間以上勃起状態が続く場合はすぐに病院を受診してください。

ザイデナの注意点

・服用時に体調不良を感じたらすぐに服用を中断してください。
・アルコールとの飲み合わせは問題ありませんが、大量に摂取しすぎると本来の効果が発揮されない場合があります。
・グレープフルーツなどフラクノマリン(フクロマリン)が含まれている食材や飲み物と一緒に摂取しないでください。重篤な副作用を招く恐れがあります。
・副作用のひとつとして一時的なめまい、視覚障害などがあらわれることがあります。車の運転、高所での作業、機械類の操作などはなるべく控えるようにしてください。

ザイデナの併用禁忌

下記の内容に当てはまる人は医師に相談後、少ない成分量から服用してください。
・高齢者(65歳以上)の人
・肝機能障害や腎機能障害のある人

下記内容に当てはまる人は注意が必要です。
・α遮断薬を服用中の人
・排尿障害治療で治療薬を処方されている人
・併用禁忌薬を常用している人

※対象の人は服用前に必ず医師と相談をしてください。

下記の人は服用ができません。
・ウデナフィルに対しアレルギーの既往症のある人
・高血圧(170/100mmHg以上)低血圧(90/50mmHg以下)の人
・6ヶ月以内に心筋梗塞の既往症、脳梗塞、脳出血の既往症のある人

ザイデナの併用禁忌薬

併用禁忌薬とは一緒に服用してはならない薬の事をいいます。
下記の薬を現在服用されている人はザイデナを服用しない。もしくは服用前にきちんと医師に相談し、勝手な判断で服用する事のないようにしてください。

・ニトログリセリン
・硝酸イソソルビド
・亜硝酸アミル
・アミオダロン

参考サイト:
DRUGBANK Udenafil
(日本語翻訳はこちら

ザイデナのジェネリック売れ筋商品

おすすめのザイデナのジェネリック医薬品には以下のような商品があります。

  • ズデナ

    ズデナ

    ズデナは、サンライズレメディーズ社が開発した韓国で開発されたザイデナのジェネリック医薬品です。
    黄色い三角形といった特徴的な形をしています。効果の高さに対し、副作用の少ない安全性の高い薬となっています。元々は前立腺肥大の治療薬として開発が進められていたこともあり、ED治療のほかに残尿感、尿意切迫感といった泌尿系の疾患の治療においても有効性が認められた医薬品となっています。
    同じアジアである韓国で生まれた成分のため日本人の体型に合った薬といわれています。

    ズデナ

ED治療薬局の嬉しい取り組み

荷物追跡

問い合わせ番号をハイフンなしでご入力ください。