TOP >ED治療薬 >女性用のバイアグラ一覧

女性用のバイアグラ

ラブスマ 女性用のバイアグラはシルデナフィルを主成分とし、血流を改善することで性的興奮や感度を高める作用があります。

女性用のバイアグラの一覧

女性用のバイアグラとは

女性用バイアグラとは女性の性的興奮障害、不感症を改善するために開発、販売された錠剤タイプの治療薬になります。男性向けに製造されたバイアグラの成分をそのまま使用したバイアグラのジェネリック医薬品です。

女性の場合は不感症がそのひとつとして当てはまり、性行為中に興奮や快感を得る事ができなくなってしまい性行為を楽しめない。快感を得られない。といった事が起こります。
快感がないので女性器が十分に潤わず、男性器を挿入する際に痛みを生じ、性交痛が発生することで性行為が嫌になってしまったりセックスレスへと繋がってしまいます。

女性用バイアグラを服用する事で女性器の感度を向上させ潤滑油となる分泌液の量を増やし、女性器を濡れやすく敏感にし性的興奮や感度の向上を促します。
不感症は経験不足や、膣内の分泌液の不足により起こる身体的原因、緊張や不安から起こる心的原因によって起こるとされていますが、女性用バイアグラはどちらに対しても効果を発揮する事が可能です。

女性用のバイアグラの成分

女性用バイアグラの有効成分も男性のED治療薬バイアグラの有効成分と同じシルデナフィルです。
効果は同じで、女性用バイアグラを服用する事でPDE-5の酵素を邪魔し、女性器周辺の血管を拡張させます。

この作用により女性器周辺に大量の血液を集中させて、火照りや性的興奮、刺激を増進します。興奮状態になる事で女性器の神経が敏感になり感じやすくなりますので、オーガニズムに達しやすくなるといった作用を促します。

女性用のバイアグラの効果と特徴

女性用バイアグラは男性用と形は同じでも女性らしいピンク色で販売されているものが多く、服用する事で女性器周辺に血流を集め、性的興奮や刺激に敏感になる事で、性的興奮障害や不感症の改善に効果があります。

個人差はありますが、約4~6時間ほど効果が続きます。持続時間内であれば何度でも女性器周辺の感度を向上させる働きがあります。
とはいえ、服用後ずっと敏感になるといったことはなく男性同様性的刺激や興奮がないと効果を発揮する事はありません。

また血流を促進することによって、身体の温度が上昇し温めることで気持ちをリラックスさせます。リラックスしてしまうと逆効果なような気がしてしまいますが、性行為への緊張が緩和されることで感じやすくなるといった効果があります。
女性用バイアグラはあくまでも治療薬であり、媚薬のような効果はありません。

女性用のバイアグラの服用方法

女性用バイアグラは100mgの錠剤があり症状に合わせて服用します。

1日1回、性行為の約1時間前に水、またはぬるま湯で服用します。体調や体格によって個人差はありますが服用後、約30分~1時間で効果があらわれます。

1度に服用できる最大量は100mgまでとなっています。最大量を超えた服用は絶対にしないようにしてください。

100mgと高用量なので十分な効果を実感する事が出来ますが、効果が強いと感じた際はピルカッターなどを使用し、4分の1の25mgや半分の50mgに割って服用するようにしてください。

服用後、効果が弱いと感じても連続して服用する事はせず、次回の服用まで必ず24時間以上空けるようにしましょう。

女性用バイアグラは食事の影響を受けやすくなっています。食後は約2時間以上空けてから服用する事で吸収率が高まります。油分の多い料理は胃で消化されにくく効果を半減させてしまう可能性があるので注意が必要です。

女性用のバイアグラの副作用

女性用バイアグラの主な副作用は、ほてり、頭痛です。この副作用は血管を拡張させる作用により起こりやすくなっており、効果が出始めた際に出やすくなっています。約2~3時間経つと落ち着きますので特に心配する必要はありません。

他に目の充血、鼻づまり、消化不良、動悸、めまいなどの報告を受けています。上記のような副作用が出た際も軽度であれば身体への影響も少ないので問題ないとされています。

特異な副作用として視覚障害、視界が青い、青と緑の区別ができない、まぶしい、目がかすむといった症状や、眼の痛み、結膜炎の症状が現れることがあります。

蕁麻疹、発疹、顔面浮腫、剥脱性皮膚炎などの症状があらわれた場合はすぐに使用を中止し医師の診断を受けるようにしてください。

まれに副作用が重症化するときがあります。重い副作用は以下の通りになります。

  • ・アナフィラキシーショック
  • ・腎機能障害
  • ・肝機能障害
  • ・意識障害
  • ・突発性難聴

副作用が強くでる恐れがある人は以下の通りになります。

  • ・65歳以上の高齢者
  • ・NONIAの危険因子を有している人
    (年齢が50歳以上、糖尿病、高血圧、冠動脈障害、高脂血症、喫煙等)
  • ・低血圧症をわずらっている人
  • ・排尿障害の治療を行っている人
  • ・肝機能障害もしくは腎機能障害がある人
  • ・平均よりも小柄な体系

女性用のバイアグラの注意点

・服用時に体調不良を感じたらすぐに服用を中断してください。
・アルコールとの飲み合わせは問題ありませんが、大量に摂取しすぎると本来の効果が発揮されない場合があります。
・グレープフルーツなどフラクノマリン(フクロマリン)が含まれている食材や飲み物と一緒に摂取しないでください。重篤な副作用を招く恐れがあります。
・副作用のひとつとして一時的なめまい、視覚障害などがあらわれることがあります。車の運転、高所での作業、機械類の操作などはなるべく控えるようにしてください。

女性用のバイアグラの併用禁忌

  • 下記の内容に当てはまる人は医師に相談後、服用するようにしてください。
  • ・高齢者(65歳以上)の人
  • ・腎障害や肝機能障害のある人

  • 下記の内容に当てはまる人は注意が必要です。
  • ・高血圧症
  • ・心臓疾患
  • ・多発性骨髄腫
  • ・白血病
  • ・鎌状赤血球性貧血の症状がある人
  • ・薬の利用で過去に発疹やかゆみといったアレルギー反応がでたことがある人
  • ・抗真菌薬、抗ウイルス薬を服用中の人

※対象の人は服用前に必ず医師と相談をしてください。

  • 下記の方は服用できません。
  • ・シルデナフィルに対しアレルギーの既往症のある人
  • ・高血圧(170/100mmHg以上)低血圧(90/50mmHg以下)の人
  • ・6ヶ月以内に心筋梗塞、脳出血、脳梗塞、の既往症のある人
  • ・性行為中に狭心症を発症した事のある人
  • ・重度の肝機能障害のある人
  • ・心血管系障害を有するなど性行為が不適切と考えられる人
  • ・可溶性グアニル酸シクラーゼを投与中の人
  • ・網膜色素変性症の人

女性用バイアグラの併用禁忌薬

併用禁忌薬とは一緒に服用してはならない薬の事をいいます。下記の薬を現在服用されている人は女性用バイアグラを服用しない。もしくは服用前にきちんと医師に相談し、勝手な判断で服用する事のないようにしてください。

硝酸薬、一酸化窒素(NO)供給剤

ニトログリセリン、亜硝酸アミル、硝酸イソソルビド、ニコランジルなど

α遮断薬

ハルナール、 カルデナリン、ミニプレス、アビショット、デタントール、ユリーフなど

降圧剤

アムロジン、ノルバスク全般

抗不整脈薬

アミオダロン塩酸塩 ・アンカロンなど

女性用バイアグラの売れ筋商品

おすすめの女性用バイアグラのジェネリック医薬品には以下のような商品があります。

ラブグラ

ラブグラ ラブグラはアジャンタファーマ社の開発した女性用のバイアグラになります。
男性のED治療薬であるバイアグラのジェネリック医薬品となり、同じ有効成分であるシルデナフィルを使用し女性用として製造されました。ラブグラを服用する事で血管を拡張させ、女性器に大量の血液を流し込む事ができるようになります。
今まで不感症や性交痛に悩んでいた人に効果的であり、血流が促進される事で膣内を濡れやすくし、感度を高めます。女性ならではの悩みを解決してくれる医薬品になります。
約30分~1時間で効果を発揮します。持続時間は約4~6時間となります。時間ないであれば女性器に性的刺激を与える事で、濡れやすくなり男性器を挿入しやすくなります。

ラブスマ

ラブスマ ラブスマは不感症、性的興奮障害を改善する為に開発された女性用バイアグラです。
バイアグラのジェネリック医薬品となり有効成分はシルデナフィルになります。ラブスマを服用する事で血流を改善し、女性器周辺の感度を向上させます。
潤滑油となる分泌液の分泌を促す作用がありますので濡れやすくなり男性の挿入をスムーズにし性交痛を感じる事なくパートナーと楽しめるようになります。