TOP >ED治療薬 >シアリスのジェネリック一覧

シアリスのジェネリック

シアリス シアリスのジェネリックはタダラフィルを主成分としたED治療薬です。

シアリスのジェネリック一覧

シアリスとは

シアリスは性行為時に勃起ができなかったり、挿入時の中折れの症状を改善してくれる国内で3番目に認可されたED治療薬です。
錠剤タイプの薬で、男性器の勃起をさまたげる酵素「PDE-5」を抑制するはたらきを持つPDE-5阻害薬に分類されます。
日本イーライリリー株式会社が製造し、2007年7月31日に製造販売承認を取得しています。

シアリスは2002年の発売以降、世界100ヶ国以上で1000万人以上のED患者さんに使用されています。2013年8月には全世界でのシェア率が42%と現在最も人気の治療薬です。

世界初のED治療薬「バイアグラ」や、そのあとに販売された「レビトラ」は効果があらわれるまでの即効性に長けている薬でした。シアリスはこれまで販売されてきたED治療薬とは特徴が異なり、これまでのように即効性が高いのではなく、効果の持続時間に優れたタイプになります。
持続時間は他のED治療薬と比較して最大で36時間と格段に長く、金曜日の夜に服用すれば1錠で日曜日の昼間まで作用が続くため海外では「ウィークエンドピル」と呼ばれています。

タダラフィルについて

シアリスの有効成分はタダラフィルです。バイアグラの成分「シルデナフィル」やレビトラの成分「バルデナフィル」と同様でPDE-5の働きを阻害する効果を持ちます。

タダラフィルは白色の粉末であり、ブロック状の分子構造を持つため水に溶けにくく体内へゆっくりと吸収されます。そのため即効性があるわけではありませんが、血中濃度を急激に変化させるわけではないため副作用が起こりづらいです。
また、タダラフィルは血液中に滞留している時間が長いため、効果を長時間持続させることができるのです。

日本での適応は「勃起不全(ED)」「肺動脈性肺高血圧症」「前立腺肥大症に伴う排尿障害」の治療に用いられます。

シアリスの効果と特徴

シアリスは男性が性的な刺激を感じても男性器が勃起をしない、勃起をしても硬さがイマイチといった症状や、性行為中に勃起の状態を維持することができずに中折れの症状が起こってしまう人のサポートをしてくれる効果があります。

シアリス錠を服用すると主成分タダラフィルの効果により血流が促進され、男性器も力強く勃起をし、性行為を支障なく行なうことができるようになります。

シアリスの特徴は、効果が長時間持続することです。現在さまざまなED治療薬が世にでていますが、持続時間においてシアリスを超える治療薬は現在ありません。効果が得られているうちは一度射精をしたからおしまいということはなく、性的な刺激を受けることで再び勃起させることが可能です。

上記項目でも記載しましたが、緩やかに効果があらわれるため即効性は高くありません。服用後約1~3時間で効果を体感できるようになります。ただし、緩やかに体内に吸収され身体に急激な変化をもたらさないため、「ほてり」や「頭痛」といった血流が促進されることで起こる副作用が軽減されています。
時間をかけて効果を発揮するため自然な勃起が体感できます。

シアリスは食事の影響を受けづらく、800kcal以内であればほぼ受けないとされています。よほど暴飲暴食をしなければ服用するタイミングを計算したりせずに気軽に服用することが可能です。

シアリスのジェネリック医薬品には錠剤タイプだけではなく、フィルムタイプやゼリータイプもあるため、錠剤以外の服用方法を選ぶこともできます。

シアリスの作用機序

男性器が勃起や通常時の状態を繰り返すためにはcGMP(環状グアノシン-リン酸)とPDE-5(ホスホジエステラーゼ5)と呼ばれるものが関係しています。
cGMPの分泌が増えると男性器の血管を拡張させ多量の血液を流入させることができるようになり勃起の状態を作り上げます。PDE-5が増えるとcGMPの働きを抑制し、拡張していた血管が収縮するため男性器が通常時の状態に戻ります。

EDの症状を抱えている人はPDE-5が増え過ぎているため血流が悪く、男性器に満足のいく性行為をおこなうために十分な血液を流し込むことができていないのです。

シアリスの作用はPDE-5を抑制しますので、cGMPの分泌が行われるようになり血流が促進されて勃起の状態を作り上げることができるようになります。

シアリスの服用方法

シアリスは、5mg、10mg、20mgの錠剤がありED(勃起不全)の症状に合わせ服用します。

1日1回、性行為の約1~3時間前に水、またはぬるま湯で服用します。体調や体格によって個人差はありますが服用後、約1~3時間で効果があらわれます。

1度に服用できる最大量は20mgまでとなっています。最大量を超えた服用は絶対にしないようにしてください。

はじめて使用する人や副作用が気になる人はピルカッターなどでカットして少ない成分量から服用を開始します。効果が弱いと感じたら徐々に成分量を増やしながら自分に合った服用量を見つけます。

服用後、効果が弱いと感じても連続して服用する事はせず、次回の服用まで必ず24時間以上空けるようにしましょう。

上記は錠剤タイプの服用方法になります。薬の形状によって飲み方が異なります。それぞれ正しい服用方法で服用するようにしてください。

シアリスの副作用

シアリスの副作用発症率は20~30%となっていて、40~50%となるバイアグラやレビトラと比較をすると副作用が起こりづらい薬です。しかし、症状がまったく起こらないわけではありません。

主な副作用は頭痛、ほてりほかに消化不良、鼻づまり、目の充血、動悸といった症状がでることがあります。

これらの副作用には個人差がありますが、軽度であれば身体への影響は少なく使い続けても問題ありません。薬が作用していることで起こる症状となるため、作用が落ちつくにつれ副作用も徐々に改善されます。

薬の効果が切れているのにもかかわらず副作用の症状が収まらなかったり、悪化するような場合には医師に相談をしてください。

まれに副作用が重症化するときがあります。重い副作用は以下の通りになります。

  • ・アナフィラキシーショック
  • ・腎機能障害
  • ・肝機能障害
  • ・意識障害
  • ・突発性難聴
  • ・視覚障害
  • ・持続勃起症(効果が切れた後でも勃起がおさまらない)

シアリスの注意点

・服用時に体調不良を感じたらすぐに服用を中断してください。
・アルコールとの飲み合わせは問題ありませんが、大量に摂取しすぎると本来の効果が発揮されない場合があります。
・グレープフルーツなどフラクノマリン(フクロマリン)が含まれている食材や飲み物と一緒に摂取しないでください。重篤な副作用を招く恐れがあります。
・副作用のひとつとして一時的なめまい、視覚障害などがあらわれることがあります。車の運転、高所での作業、機械類の操作などはなるべく控えるようにしてください。

シアリスの併用禁忌

  • 下記の内容に当てはまる人は医師に相談後、少ない成分量から服用してください。
  • ・高齢者(65歳以上)の人
  • ・肝機能障害や腎障害のある人

  • 下記内容に当てはまる人は注意が必要です。
  • ・前立腺肥大・心臓疾患・高血圧症の治療中の人
  • ・抗ウイルス薬、抗真菌薬を服用中の人


※対象の人は服用前に必ず医師と相談をしてください。

  • 下記の人は服用ができません。
  • ・タダラフィルに対しアレルギーの既往症のある人
  • ・高血圧(170/100mmHg以上)低血圧(90/50mmHg以下)の人
  • ・6ヶ月以内に心筋梗塞、脳梗塞、脳出血の既往症のある人
  • ・心血管系障害を有するなど性行為が不適切と考えられる人
  • ・性行為中に狭心症を発現したことのある人
  • ・重度の肝障害のある人

併用禁忌薬

併用禁忌薬とは一緒に服用してはならない薬の事をいいます。下記の薬を現在服用されている人はシアリスを服用しない。もしくは服用前にきちんと医師に相談し、勝手な判断で服用する事のないようにしてください。

  • ・ニトログリセリン
  • ・亜硝酸アミル
  • ・硝酸イソソルビド
  • ・ニプラジロール
  • ・リオシグアト(アデムパス)
  • ・塩酸アミオダロン(経口剤)

参考サイト:
勃起不全治療薬タダラフィル(シアリス錠5mg,10mg,20mg)の薬理学的、薬物動態学的特性と臨床試験成績
おくすり110番「タダラフィル」
KEGG MEDICUS 「医療用医薬品 : シアリス」

シアリスのジェネリック医薬品について

ED治療薬のシアリスは、イーライリリー株式会社が開発した医薬品のことです。イーライリリー株式会社以外が製造をしているシアリスと同じ「タダラフィル」を主成分としている薬はジェネリック医薬品となります。

ジェネリック医薬品を開発するには物質特許、用途特許の2つが特許期間満了を迎える。もしくは、何かしらの理由で特許が無効にならなくては開発することができません。
シアリスは2003年にヨーロッパで初めて販売が開始されました。特許期間はまだ満了していません。日本市場向けのシアリスは、日本新薬がイーライリリー社とのライセンス契約を結び、2007年から販売が開始されています。

海外のシアリスジェネリック医薬品とは

シアリスは現在世界No.1のシェア率を誇っています。そのためジェネリック医薬品が多数製造されるのは当然の成り行きといえます。インドでは形状や飲み方が異なる種類豊富なシアリスのジェネリック医薬品が製造されています。
シアリスは2018年現在、特許期間の満了を迎えていません。そのため日本の製薬メーカーはシアリスのジェネリック医薬品を製造することが出来ません。
しかし、日本と特許制度が異なるインドを初めとする諸外国では、シアリスのジェネリック医薬品が多数製造されています。2005年に特許法が改正されるまでは物質特許が認められていなかったので、国際特許が有効な様々な薬剤のジェネリック医薬品がインド国内の製薬会社から販売されています。

上記内容から現在、販売されているシアリスのジェネリック医薬品の殆どがインドの製薬会社が製造している医薬品となります。
先発薬(シアリス)は開発に莫大な費用と時間が掛かっているため、必然的に薬の価格も高く設定されます。シアリスは1錠あたりの価格が特に高めとなるため経済的負担も大きくなってしまいます。
ジェネリック医薬品は最初から開発するのではなく、先発薬のシアリスと同じ有効成分、品質で開発されるため、費用・期間ともに大幅に減らすことができるのです。

ジェネリック医薬品を先発薬の代わりに利用すればED治療薬をとても経済的に購入することができ、服用ができます。また、ジェネリック医薬品には錠剤タイプ以外にもフィルムタイプ、ゼリータイプ、チュアブルタイプ、ソフトジェルタイプがあり、ED治療薬と早漏防止成分が同時に服用できる薬もあるなど先発薬では体験できないような治療薬まで用意があります。

シアリスのジェネリック売れ筋商品

おすすめのシアリスのジェネリック医薬品には以下のような商品があります。

シアスマ

シアスマ シアスマはインドにあるスマート社から販売されているシアリスのジェネリック医薬品です。
開発時に日本人のスタッフ加わっていたこともあり、パッケージが日本語であるなど日本向けに作られている商品となります。
最大36時間と長時間の効果や、副作用の少なさ、食事の影響を受けづらい特徴もほとんど変わりません。
先発薬シアリスと比較をすると薬価が約4分の1ととても安価で購入することができます。

タダライズオーラルゼリー

タダライズオーラルゼリー タダライズオーラルゼリーはインドにある大手製薬会社サンライズレメディーズ社から販売されているシアリスのジェネリック医薬品です。
主成分や特徴はシアリスとほぼ同等となりますが、甘みを加えたゼリータイプとなるため、錠剤を服用することが苦手な人でも服用がしやすいです。
液状のゼリータイプになるので体内への吸収が早く、錠剤と比較をして多少即効性に優れています。1包ずつ小分けになっているので持ち運びにも大変便利です。 価格はシアリスと比較をして約8分の1で購入することができるため、大変人気の商品です。

シアリスODフィルム

シアリスODフィルム シアリスODフィルムはフィルムタイプのシアリスのジェネリック医薬品です。
錠剤ではなくフィルムタイプなため水がなくても服用ができ、外出先で使用する人には大変利便性が高いです。フィルムタイプだから効果が弱といういことはなく、シアリス同様のきちんとした効果を得ることができます。
財布の隙間やポケットなど、わずかなスペースで持ち運びができ、服用時も舌の上で溶かすだけと簡単なため、パートナーに気づかれたくない人にはおすすめとなる商品です。
先発薬の約4分の1で価格で購入ができます。